Tu Veux, Tu Veux Pas
FC2ブログ

アマン東京・アルヴァ

この投稿をInstagramで見る

🍾 女子中高時代からの親友たちが #アマン東京 #アルヴァ の個室にてお祝いの席を設けてくれました🍽  ❃バーニャカウダ ❃グリーンアスパラガスのインサラータヴェルデ ❃スパゲッティ 雲丹とマグロのカラスミ ❃鮎のコンフィー オカヒジキとオリーブde酢 ❃甲斐路軍鶏のアッロースト 金糸瓜 バターナッツスクワッシュとオレンジ ❃無花果のキャラメリゼ カシスシャーベット  プレゼントに #バカラ の2019年限定イニシャル入りのペアグラスと大好きなシャンパンもいただきました。  久々に会っても、ブランクを全く感じない程いつもどおりの雰囲気になれる30年来の友人達は、宝物のような存在です👑  至福のときをありがとうございました💕 

liccaさん(@licca.7)がシェアした投稿 -



大手町駅直結で、京葉線の地下ホームからもずっと地下通路を歩いて辿り着けますし、レストランフロアは天井までの広い空間が広がり(お琴の演奏があるあたり、ちょっと間違ったニッポン、的な印象もありますがw)景色も最高だったので、また別の機会に利用できたらと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東京のグルメ
ジャンル : グルメ

ねね通院記録(2019年5月~6月)

この投稿をInstagramで見る

ずっと慢性的な下痢と肝臓疾患に悩まされ、4月上旬には1.7キロまで体重が落ち込んでいた愛猫・ねね🐈  春から獣医さんを変え、長寿猫が24年間毎日食べ続けていると言うホタテ貝柱を毎日与えるようになってから、みるみる回復し、肝臓検査の数値も正常値になり、3ヶ月で2.32キロまで体重と食欲が戻りました✨ 本当に嬉しいです😭  調べてみると、ホタテに多く含まれるタウリンが肝臓の回復に良いんだそうで…(ちなみにホタテの紐は、飼い主の炊き込みご飯やチヂミの具になります💦 出汁が出て美味しい🍚)  毎日手を変え品を変え、食欲が増進されるよう給餌を頑張ってくれるパートナーにも感謝の一言です🙏🏻✨  新しい病院は、猫専用の待合室や診察室もあり、設備も整っていて安心して診ていただけます。何より先生がテキパキと無駄なく、且つ丁寧に診療して下さり、ありがたいことです。  とにかく幸せで暮らして欲しい。願いは、ただそれだけです。  PS 苦い薬を飲まされて、ちょっと不機嫌なねねちゃんですが、ちゅーるでご機嫌とり!  #縞三毛 #縞三毛猫 #にゃんすたぐらむ #猫のいる暮らし #猫の健康管理 #猫の肝臓病 #保護猫 #沢村獣医科病院 #動物病院

liccaさん(@licca.7)がシェアした投稿 -




【5月24日】
体重:2.01kg(夕飯前に連れて行ったため)
前回のブロードライン投与と、部屋の大清掃により、ノミは駆除できた模様。
投薬による下痢の改善が見られず、すごい苦い薬で、ぶくぶく泡を出して薬を吐き出そうとするため、今回シロップ入りの飲み薬を処方されました。

<費用>
・再診料 660円(一週間以内、同一病)
・粉薬(液体に溶かしてあるもの) 注射器で朝晩2回、0.5ccずつ投与 1500円



【6月1日】
体重:2.1kg(着実に増えている! 2カ月前は1.7kgでした)
先生も「必要な筋肉(首の後ろ~背中)が付いてきていますね」と仰っていました。
とにかく食欲があり、トイレの回数が劇的に減っていることが嬉しいです。
ただ、下痢は投薬で改善されなかったため、休薬し、便の遺伝子検査を実施することに。

<費用>
・再診料 1000円
・下痢原因病原体同定試験(下痢パネル) 便遺伝子検査 14000円



【6月14日】
体重:2.25kg(増えてる!)
便の遺伝子検査の結果がでました!
「クロストリジウム・パーフリンゲンス」という、すごい名前の芽胞菌が生息しているということで、この菌に対するお薬が処方されました。苦くないらしく、これはすんなり飲んでくれました。(しかし、高額。。。)

<費用>
・再診料 1000円
・ブロードライン2回目 2310円(先生が投与)
・粉薬(液体に溶かしてあるもの) 注射器で朝晩2回、0.3ccずつ投与 4480円



【6月29日】
体重:2.32kg(さらに増えてるー!!)
身体に付いたお肉を先生も喜んで下さり、「これがもう少し筋肉になると良いですね」とのこと。

結局、2週間前に頂いた「クロストリジウム・パーフリンゲンス」という芽胞菌の薬は効かず、ソフトクリーム状の便が続きました。
先生ともお話の上、
・もともと軟便の子であること
・体重も3か月で1.7kg→2.32kgと増加したこと
・食欲もあり、体調も良いこと
・便の回数(1日)が、10回以上から3回程度にまで落ち着いていること
ということを鑑み、ひとまずこれで治療を終わることになりました。

ただし、体重のモニタリングをしたいということで、1か月後にもう再度通院することになりました。

<費用>
・再診料 1000円
・ブロードライン3回目 2310円(7/14頃に投与予定)



【7月26日】

(後日追記します)このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

リブログ:『元KAT-TUN田口淳之介が大麻所持で逮捕 ホロスコープは?』

『元KAT-TUN田口淳之介が大麻所持で逮捕 ホロスコープは?』

またもや残念なニュースが飛び込んできました。 田口淳之介容疑者はKAT-TUN時代から大麻使用「10年ほど前から」と供述 お酒や薬物でトラブルが起きた場合、そ…



田口淳之介氏と、小嶺麗奈氏のホロスコープを読んでみました。
10年前から大麻使用していたってことは、KAT-TUNで活動期間中も使用していたということに他ならず…
なんだかもう、悲しいというか、呆れるというか(´・ω・`)





このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年 團菊祭五月大歌舞伎

2019年、令和初の公演・團菊祭五月大歌舞伎を見物してまいりました。
贔屓の尾上菊之助さんの御長男・寺嶋和史くんの初舞台、七代目尾上丑之助を襲名される公演です。

じゅふたんは初お目見得からずっと舞台を観てきているのですが、『絵本牛若丸』めちゃめちゃ可愛かった~~~! 立ち回りも見事でしたし、七三での飛び六法未遂wからの、お父様演じる弁慶へ肩車をしてもらってはけるまで、何から何まで可愛くて!
両祖父であられるひいま(菊五郎丈)もじいたん(吉右衛門丈)も目尻下がりっぱなしでしたね。
しかし世界広しといえども、人間国宝2人をバックに従えてセリ上がる5歳なんていないぞ…じゅふたん恐ろしい子…!

続いて、菊之助さんの『京鹿子娘道成寺』。
6年前の5月に玉三郎丈と踊った時からさらに芸が深化し、華やかで匂いたつような美しさの中に、清姫の怨念や虚しさが時々ふっと立ち上がる、素晴らしい花子ちゃんでした。歌舞伎座の広い空間を一人で埋められるだけの大きさもありましたし、可憐で、艶っぽくて、芳醇で、品が良くて、とにかく片時も目が離せませんでした。ずっとずっとあの世界に浸っていたかった…。
所化さんもかなり若いメンツでしたが、その中でも鷹之資さんの踊りが美しく、目を引かれました。

『鶴寿千歳』は時蔵丈の成熟した美と、梅枝丈の麗しい公達ぶりが目の保養。
『曽我綉俠御所染 御所五郎蔵』は、尾上右近丈の存在感と、梅枝丈のたおやかさに心惹かれました。

幕間には柿安さんのお弁当をいただきました。いつも銀座三越で事前予約し、当日受け取るようにしています。場内で買うより安く、種類も豊富なので、おすすめです!(手数料などもかかりません)

この投稿をInstagramで見る

♡ #團菊祭五月大歌舞伎 見物。#じゅふたん 改め #尾上丑之助 さんの可愛らしさ、襲名をお祝いする場内のあたたかさに顔がほころびっぱなしでした。 ひいま(尾上菊五郎丈)もじいたん(中村吉右衛門丈)も目尻下がりっぱなしでしたね💕☺️☺️  しかし世界広しといえども、人間国宝のお祖父様2人バックに従えてセリ上がる5歳なんていないぞ…じゅふたん恐ろしい子…!  #尾上菊之助 さんの京鹿子娘道成寺は、6年前に玉様と踊った時からさらに深化し、華やかで匂いたつような美しさの中に、清姫の怨念や虚しさが時々ふっと立ち上がる、素晴らしい花子ちゃんでした。ずっとずっとあの世界に浸っていたかった…。そして鷹之資さんの踊りが美しかった。  じゅふたんの歌舞伎役者としての輝かしい未来に幸あれかし✨  . #歌舞伎 #kabuki #歌舞伎座

liccaさん(@licca.7)がシェアした投稿 -




-----------------
そんな團菊祭を観劇出来て幸せいっぱいでした! …と言いたいところなのですが、歌舞伎座は年配の方々の私語やビニールのガサガサ、鞄のファスナー音等がとにかく酷く、いつもがっかりさせられます。桟敷席だろうが一階席だろうが三階席だろうが、お席の等級関係なく、どこも酷い。道成寺の引き抜きで「わあっ」となるのは分かるけど、その後延々喋るのはどうなのか。挙句長唄まで一緒に歌われてゲンナリしました。
絵本牛若丸の後、係員の方へ注意を促すようお願いしたのですが、結局終演時まで対応して頂けず。これでは現場に行くのも嫌になってしまいます。安くはない切符代を支払っているのに、こんな状態が続くのは本当に残念です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

坂本昌行ソロコンサート『ONE MAN STANDING 2019』

坂本昌行 ソロコンサート『ONE MAN STANDING 2019』に、坂本担の母と一緒にいってまいりました。

MASAYUKI SAKAMOTO
『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』
構成・演出:菅野こうめい
音楽監修・編曲:服部克久
ミュージックディレクター・指揮・編曲:ボブ佐久間
編曲:羽毛田丈史
会場:Bunkamuraオーチャードホール


服部克久先生や羽毛田丈史先生といった日本を代表する方々が編曲を担当され、ボブ佐久間先生の指揮のもと、豪華なフルオーケストラを従えて、オーチャードホールに『一人で立つ』まーくん。その伸びやかで艶のある歌声に魅了され続けた2時間でした。

セットリストは昭和の珠玉の曲ばかりだったのですが、さだまさしさんが雪村いづみさんの歌手生活40周年のために書いた『虹』が特に印象的でした。

I'm a singer 虹になりたい
ひとときの主役 演じてそして
I'm a singer 振り返ったら
幻のように 消え去るもの
誰かのしあわせと 入れ違いに


この歌詞のように、コンサートの後、幻のように消えていく彼(V6)の残像と入れ違いに、たくさんの幸せをもらっているんだな、と思ったら涙が止まらなくなってしまって…。
長く辛い治療を続けている母が、何度も涙を零しながら、まーくんの歌に聞き入り、「生きていく力をもらった」と喜んでいたのが本当に嬉しくて。歌の力、音楽の力とは本当に素晴らしいものなんだと、改めて実感いたしました。

「『The Greatest Showman』がミュージカル化されたら是非主演したい」と言っていたまーくん。どうか夢が叶いますように!

<#OMS2019 セットリスト>
0.Overture 組曲「惑星」から木星 / ホルスト
1. you're my only shinin' star / 中山美穂
2. 長い間 / Kiroro
3. squall / 松本英子
4. 駅 / 竹内まりや
5. Goodbye Day / 来生たかお
6. もうひとつの土曜日 / 浜田省吾
7. Cheek to Cheek / ミュージカル『TOPHAT』より
8. Putting on the ritz / ミュージカル『TOPHAT』より
9. No Strings / ミュージカル『TOPHAT』より
10. Don't Cry Out Loud / ミュージカル『BOY FROM OZ』より
11. From now on / 映画『The Greatest Showman』より
12. This is me / 映画『The Greatest Showman』より
13. あの日にかえりたい / 荒井由実
14. for you…… / 高橋真梨子
15. ストーリー / AI
16. 虹~ヒーロー~ / さだまさし

アンコール
WAになっておどろう / V6
Without you / 坂本昌行



母の体調のこともあり、早めに渋谷に着いていたおかげで、開演前久々にカフェ・ドゥ・マゴ・パリにおじゃまできました。クレームブリュレ美味しかった~。
母の歩く速度がゆっくりのため、端を歩いたりエレベーターを使わせて頂いたりしたのですが、ドアを開けて下さったり、席を譲って下さる方もいたりと、日本もまだまだ捨てたもんじゃないな、と感じられたのも嬉しかったです。ありがとうございました。




オーチャードホールという素晴らしい会場で、日本有数の音楽家の先生方に編曲を担当していただき、ソロでコンサートを開けるということの幸せを考えるにつけ、「ジャニーズ事務所を去っていった人たちは、自分たちの環境がどれだけ恵まれているか、本当に理解していたのだろうか」という思いが沸き起こります。

東京ドームで、アリーナクラスの会場で、毎年コンサートツアーが行えること。
豪華な楽曲提供者。
地上波のドラマや、多額の製作費が掛かった映画にコンスタントに出演できること。
帝国劇場をはじめ、名だたる劇場で主演できること。

エンターテインメントの世界で、どれだけ望んでも、努力しても、夢を叶えることができない人たちが多い中、こういった環境がどれだけ恵まれていることか。
そしてどれだけ、事務所という大きな存在に護られ、自分たちのために仕事をしてくれる数多くの人々に支えられていることか。
それを充分理解した上で、敢えて新しい環境を求めて事務所を去るのであれば、それはそれで良いのです。

けれど、与えられたものに感謝せず、自分ひとりでやっていけると勘違いしたら、何もかもが終わってしまう。「こんなはずじゃなかった」と思っても後の祭りで、あとはもう、残念な結末を迎えるしかないでしょう。

タイムリーに、田口淳之介氏の悲しいニュースを見ながら、しみじみそんなことを感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : V6
ジャンル : アイドル・芸能

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム