Tu Veux, Tu Veux Pas 2005年06月
FC2ブログ

twice a yearの楽しみ。

昨日は午後休を取りまして、国際フォーラムで行われたシャネル・05-06秋冬プレタポルテコレクションに行ってきました。同行してくださったのは前ジャンルから親しくしてくださっているはるにゃんさん。小柄で何もかもが小さくて、女性の可愛らしさを凝縮したようなステキなひとです。この日着てらしたワンピースがまた可愛いのなんの……おリボンにフリル+花柄にヌーディーなサンダル。キャベツにもこういう格好して欲しいよー(´Д`)

さっそく入り口で受付を済ませて中へ。ステージはこんな感じです。写真撮影がOKだったので、帰り際に撮りました。ランウェイに乗れて、ちょっと嬉しかったりw シルヴァーでメタリック、クールな印象ですね。
chanel.jpg

ランウェイは今までで最高に長かったです。ゲストが多かったせいかな? 一番奥に座ったので、ランウェイの先頭がちょっと見えないくらいの長さでした。

さて、ドキドキしながら待っていると、客電が消えていよいよショーのスタートです。
今回目についたのがover Kneeのアイテム。最初は柔らかそうなくしゅくしゅレザーのブーツから始まって、途中からはさまざまな織りのニット(リブのが可愛かった)、そして最後は黒のオーガンジー。ツイードのスーツやワンピースに合わせて、ちょっぴり太ももが見えたり、完全に肌が隠れていたりと、長さもヴァリエーション豊富。シャネルスーツの新しい着方を提案された感じでした。しかしこれは膝下が長くないと似合わないアイテムですな…。初期のジャケットやワンピースはほとんどがツイード。黒・白の定番に加えて、今回はグレーが目を引きました。今年の冬、またグレー旋風が来るかも?

続いて目にとまったのがニッカボッカと、ひざのあたりにおリボンの付いた細身のパンツ。ニッカボッカの生地はやはりツイードメイン。斬新で可愛い! 裾におリボンが付いたデザインはよく見かけますが、膝にあしらったのを見るのは初めてで、とっても可愛かったです。トップスにはコンパクトなシャネルジャケットを合わせたり、シルクのブラウスを合わせたり。

その後はドレスやワンピースの登場。黒の紗で出来たワンピースが何パターンも出てきたんですが、白のパイピングがあったり、おリボン付きだったりで、可愛らしいデザインでした。欲しい~!

ヘアはいつも同様、まったくアレンジも何もないまっすぐストレート。メイクはグレーが多用されていました。やはり今回のテーマらしい。下に白のアイラインを引いているような気がしましたが、アップで見たかったな~。それから、ショー最初に出てくるいわゆるシャネルの定番スーツには、全てニット帽を合わせていました。どんぐりみたいなの…なんていう名前でしたっけ; それにカメリアを付けたりして、とってもキュートでしたv

毎度、同じ人間とは思えない、ありえないスタイルのモデルさんの集合には溜息をつくばかり。一人ブルネットのものすごい可愛い子がいて、途中からついつい洋服ではなくそちらを追ってしまいました。ごめんなさい(笑)←いつものこと しかし、毎度シャネルの服はどうしてあんなに可愛らしくてステキで、遊び心に溢れているんだろう。やっぱり永遠の憧れですv


*************************
ここからは食べ物の話(笑) いつもはるにゃんさんとは美味しいランチを頂くのも楽しみのひとつなのですが、今回はショーが13時スタートということもあって、事前に食べるにも事後に食べるにも時間が中途半端になってしまい、フレンチが食べにいけなくて残念でした。が! 丸ビルにある終日営業のパスタ専門店に連れて行っていただいて、大満足v さすがアロマフレスカの系列だけあるなあという感じ。アロマフレスカといえば、今年麻布に移転してから行ってない…(品川のアロマクラシコの方には、めるタンとお邪魔しましたが)
メインのパスタには、夏鹿のソースとあえた手打ちパスタを頂きましたv 美味しかった~vvv カウンター席がほとんどなので、女性一人でふらっと入ってもOKな雰囲気。美味しいパスタが食べたくなったらここに来よう♪と決めた午後でした。

はるにゃんさん、楽しい時間をありがとうございましたvvv 今度はゆっくりランチしたいですね~v
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Salon de Bonheur

すっかり先月の御食事会のことを書かないまま月日が過ぎてしまいました。気づいたらもう一ヶ月前のことじゃないですかΣ(゚д゚lll)  すみません、改めて書かせて頂きますね。しかしこのblog、食べることばっかりだな……ここにはレストラン名明記していませんが、個人的なお問い合わせにはお答えできますので「ここ、なんていうレストランなんだよ、教えろ!」という方がいたら仰ってくださいませv 

さて、5月28日。最愛のフレンチレストランが主催するお食事会に参加して参りました。シェフソムリエのIさんが主催するこの会は、「スペシャルコースのお料理一品一品に、素晴らしく合うワインたちをグラスで楽しんじゃおう♪」という趣旨。産地や年代がどうのとかいう勉強がてらの堅苦しいものではなく、ただBonheur=幸せを求めて美味しいものを食べたり飲んだりする会とのことだったので、グルマン(=食いしん坊。グルメとは違う意味の仏語)な私とめるタンは案内を頂いてから即決で申し込ませていただきました。

更に「絶対 "幸せ~" ってその場に倒れこみたくなるよね」「うんうん、帰りたくなくなるよね」ということがミエミエだったので(笑)レストランが入っているホテルにもお部屋を取って備えるという気合の入れっぷり(笑) 「勝手にオーベルジュ」状態ですな。

チェックインも済ませて、サロンが開かれる特別室へ。とある食器メーカーのお名前のついたこの部屋、真ん中には長テーブル、そしてソファもあったりでまるでIさん宅でのプライヴェートパーティーにお呼ばれしたような雰囲気。入り口で迎えてくださったのは主催のIソムリエと、こちらのホテルで働くKソムリエ。 あとで絶対「両手に花、ならぬ両手にソムリエ」でお写真撮るんだ~♪と心に決めながら、ソファに座ってスタートを待ちます。

この日の参加者は定員+1名overの13名。皆が相席になります。アミューズを頂きながら自己紹介となったのですが、上は76歳のおじいちゃま(年に4回、フランス料理を食べるためだけに渡仏するそうです…なんていううらやましい生活!)から始まって、普通ではお知り合いになれないようなご年齢の諸先輩方が多く、もちろん私はその中でも一番の若輩者。うーん、もっと「自分に投資してます」系の30代OLが多いと思ったんだけどなあ。意外だ~。

ではここからお料理とワインの紹介。ヨダレ注意。ちなみにお写真は同席した大学教授が後日送ってくださったものです。

amuse.jpg
■アミューズ:クレソンのムース&うにとキャビア添え
□Grand Siecle "La Cuvee" -Laurent Perrier
緑も鮮やかなムースの上に、オレンジ色のうにさん。目にも鮮やかです。うにの甘さの中にもキャビアの塩味がほんのり効いています。アミューズって「もっともっと食べたい!」意欲をそそってくれる憎いヤツだ。
シャンパンもすっきりしていて飲みやすく美味しい~v もっと頂きたかったなあ。

kaeru.jpg
■アントレ:オゼイユの香りをまとったフランス産グルヌイユのソテー
□Riesling Jubilee 1998 -Hugel
珍しくIさんが「好き嫌いありますか?」と聞くので、好みなど覚えていてくださるのにどうしたのかな?と思っていたら…今までこちらでは食べたことのない食材が! グルヌイユといえばなんとも優雅に聞こえますが、要は「かえる」です。一瞬ぎょっとなりましたが、美味しくないわけはないと思って頂くと、これがむっちりしたお肉で美味しい! よく「鶏肉に似た」と例える方が多いですが、鶏肉より断然むちむちで、まるで筋肉質の男性のお尻に噛み付いているかのようです。トマトのソースもさっぱり、ガレット状にしたチーズもいい味出してます!
ワインがこれまた…なんというか、石油の匂いがするので好き嫌いがはっきり分かれるかも。私はこのお料理に合って美味しいなと思いました。なんでも前日にこのワインをあけたとき、思ったような味ではなかったので、急遽シェフと相談してトマトのソースにしたんだとか。こういう人たちの舌神経ってどうなっているんだろうか…。

poisson.jpg
■ポワソン:オマール海老をさまざまな調理法で 初夏の野菜と共に
□Chateauneuf du Pape 2002 -Domaine Roger Perrin
グラタン、グリル、ラヴィオリと、三種類に調理されたオマール! どうしてこんなに美味しいのか~と、意識が半分飛んでいる状態です。よくめるタンとは、最高に満足な状態=目的地=パリとして、地名で自分の満足度を示しているんですが、確か今回はこの次点で「サンクトペテルスブルグの上空だわ~」とか言っていた気がする(笑) ロシアひとっとびですな。
ワインは名前の通り教皇のワインです。これもちょっとくせのある白。ですがオマールとのマリアージュは最高です。


■ヴィアンドゥ:子羊の背肉のロティ ポテトのガレット"クラピヨー"を添えて
□Chateau Leoville Las Cases 1996  -Saint Julien
このお肉で、一挙にパリを通過してモナコまで行ってしまった気分でした。背脂が!!!!!!!!!! いったいどうして!?何故!? こんなに美味しいものが世の中にあっていいの!?ってくらい美味しい!!! いつもこの子羊のメニューは、このレストランで「子羊のペルシヤード風」として出てくるので、同じような盛り付けを見て「ああ、あの味だな~」なんて思ってたんですが……私が悪うございました(全面降伏) この背肉のロティは絶対世界一美味しいと言い切れる!! MSMでプレ・サレを食べたとき、そのお肉の質のよさに驚いた私ですが、是非とも!あの羊ちゃんを使ってこの料理食べてみたい~ああ~羊よ、お前が大好きだ…。
で、ワインです。1966年ですって! これを細心の注意を払ってサーヴするIさん…プロの心意気を感じます。澱もなく非常にまろやか。こんなワイン、めったに飲む機会なんてないですからね~~。でも羊タンが濃厚な分、もうすこし量がほしかった気が。そりゃ高いですから、2本は開けられないのかな~。残念。


■プレデセール、デセール
□Chateau Climens 1997 -Barsac
至福~至福~。プレデセールの画像が見当たらないのが残念ですが、パイナップルの超薄切りが乗っていたんです! デセールは確かヴァニラアイスだった気が…フランボワーズのソースがね…ああもう…(昇天)

最初は緊張してなかなか話せなかったのですが、お食事がすすむうちに皆さんともおしゃべりできるようになって、最後は記念撮影をすることになりました。ああ楽しかった……また是非参加したいな~。もちろんその後、歩いてすぐのお部屋に戻って最高に幸せな気分で眠りましたzzz

今日飲んだワインさんたち。欲を言えば赤が2種類欲しかった~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Je mange, donc je suis -我食べる、故に我あり

土曜は、1月に結婚したAちゃん夫妻のお宅にお邪魔して、ホームパーティーをしてきました。私のフランス土産のフォアグラ&ソーテルヌ、F&Fママお手製のピクルス、ドライトマトに美味しいチーズ、クラッカー、M美&トイパー夫妻持参のフルーツ&トマトのカッペリーニ、Aちゃんのお友達・Mゆきちゃん(こんな美人を見るのは人生で3度目←もちろんメアド聞き出した香具師)持参の美味しい牛スジの煮込み、Aちゃんが準備してくれたマッシュルームとルッコラのサラダ、サーモンのたたき&いくら、生ハム、インゲンとグレープフルーツのサラダ、ラムのソテー、ポークのソテーなどなどなどなど、美味しいお料理のオンパレード。もちろん全員お酒飲みなので、空いた瓶は数知れず(笑) ベルギー&ギネスビールでしょ、シャンパンでしょ、赤白ワインはもちろん、ウイスキーにジンにチューハイに…全くもって食べすぎです。飲みすぎです。でも本当に楽しかった~。毎回書いてますが、中1から付き合っている4人の輪に、それぞれのパートナーも加わって一緒に飲めるのって最高です。持つべきものは食べ好き飲み好きの友人ですなあ・・・(´∀`) うちのキャベツもすっかり皆さんと打ち解けたようで、よかったよかったv

と、まあ風邪気味なのに調子にのったせいで、ワタクシ日曜月曜と「トイレ立てこもり事件」を起こしまして…胃ごと出てくるかと思いました……いい年こいて反省してます(´・ω・`)

で、レアの瓶詰めフォアグラを持参したわけです。それを料理本も見ないでこんなものを作るのってすごいですよね。そりゃ旦那さんも結婚してから8kg太るよね! 美味しかったフォアグラのソテーです。


しかし、おうち中から新婚さんの匂いがしてたなあ~……うらやましい~。なんだか結婚したくなりましたw
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアンも捨てたもんじゃない

金曜はRくんとRくんのお友達で美食家と評判の方、あんど会社の同期のYちゃんと銀座のイタリアンMへ。この系列のIの方には以前Rくんとお邪魔したことがあったのですが、Mは初めて。しかもここ数ヶ月きちんとしたイタリアン(いわゆるコースというやつ)を頂いていなかったので、とっても楽しみにしていましたv 以下、覚えているだけちょっと書いてみます~。

<おつきだし>
グリーンのオリーヴを揚げたもの。
衣も油も良品の予感。まずはこれにやられました。もっと食べたい!お酒のおつまみにほしい!と思わせる一品。

<前菜>
シェフお任せの前菜盛り合わせ。
蒸したチキン+コンソメのジュレ、ズッキーニ、ボイルした人参(これが甘くて美味v)、煮込んだお茄子、レバーなどなど。沢山あって迷っちゃいます。

あわびのソテー
これがですね!こってり濃厚なチーズが下に引いてありまして、あわびのコリコリした食感に、どろーやわーな白いソースが絡まってめっちゃ美味しかった!!!

オマール海老のスープ
殻と身だと思うのですが、まろーんって感じ。濃厚で最高。こんなに美味しいスープは「ヌキテパ」のスペシャリテ・ブイヤベース以来だ。衝撃的。

<パスタ>
イカスミソースのスパゲッティーニ。今までこんなに美味しいイカスミ食べたことない! 全然生臭くなくて、まろやか~! アラカルトもできるそうなので、このためだけに行ってもいいくらいです。

<メイン>
オマール海老のグリル。殻から外すのが大変ですが、ごりごりと頂きました。普通の海老には何のパッションも感じないけど、オマールだと何でこんなに美味しいのかしら。うふふ。

<ドルチェ>
ティラミスv

全体的に味が濃い目なので、それが苦手な方には辛いかもしれません。私は大好きなので、是非ともまたお邪魔しようと思っています♪ ただ、スープがオマールでメインもとなるとちょっと飽きも感じたので、今度はお肉メインがいいなあ~。ああ~久々に骨の有る、通い甲斐のあるイタリアンを発見した感じで嬉しいです。インテリアデザインも森田恭通さんが手掛けているので、お好きな方も多いんじゃないかしら。ソファがふかふかで幸せでした(*´∀`*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「歳末特別警戒スペシャル」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム