Tu Veux, Tu Veux Pas 2010年01月
FC2ブログ

スノウネイル(リペア)


Je t'aime...moi non plus

ネイルのリペアに行ってきました~。

前回のアート をそのままにしたかったので、残っている指については根元のリペアそのまま、浮きが激しい指については、雪の結晶雪が白いので、あまり違和感ない色でと思い、細かいラメの入った白×クリアのグラデスカルプで作りなおし、同じようにオーロラと銀色のホログラムで雪が降っているようにしていただきました雪だるま


わかちゃん、いつもありがとうラブラブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚宙組『カサブランカ』

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このエントリーをはてなブックマークに追加

龍馬伝の話。

 あれだけ萎えていた龍馬伝ですが、いざ初回から見始めたら面白い。さすが福田靖さん・佐藤直紀さん・大友啓史さんのギャラクシー賞コンビです。脚本と演出が良いってだけで、こうも去年の学芸会大河と違うものなんですねー。(ひどかった…ただの真っ黒い空間にスモークたいて造花置いてピンスポってさ…意味不明なスローとかさ…どこの中学の演劇部の発表会かと!)


 『龍馬伝』映像がとにかく綺麗。(←それもそのはず、大河ドラマ初の「プログレッシブカメラ」が使われていて、従来より深みのある映像が実現されているんだそうで) そして照明が自然で、光の入り方も美しい。何につけても作りが丁寧。


 懸念していた龍馬も世間様が仰る通りそこまで気にならず、良かったです。今まで抱いていたイメージと全然違うし、これからも私のスタンダードには成りえないキャラクター設定の龍馬だけど、これはこれで全然別物として考えればアリ、です。
(でもどうしても広末だけはだめだ…あの口元が超嫌い。あれを見ただけで虫酸が走る。何であの人を使おうとするのか絶対理解できない)


 ところで、岩崎弥太郎のあまりの汚さっぷりに三菱あたりから苦情が来てるそうですが…なんつう●●の穴の小さいことよ!! えらい魅力的なキャラクターじゃないですか。ああいう逆境から確固たる財閥を作った才覚とバイタリティが描かれていく(だろう)に…信じられない。香川さんに足向けて眠れないこそすれ、苦情言うなんてもっての外だわ。


 とりあえず見ます。見続けてみます。江戸に来たことですし、これから魅力的な人物たちとの出会いがたくさんあるわけですから。(さなちゃん可愛かったー! 蒼井優ちゃんがもちろん本命ですが☆) そして今年こそ高杉晋作、出してくれると期待してます。個人的には森山未來くんに演じて欲しいところです。(顔立ちも年齢もNHK出演歴もバッチリだと思うのですが)


 しかしツイッターにも書きましたが、来年の大河『江 ~姫たちの戦国~』の主役が上野樹里ちゃんですか…時代劇初で大河の主演ってすごい。しかも脚本が『篤姫』の田渕由美子さん。似たような感じになるのか、はてさて。
 それにしてもアミューズすごいですね、二年連続で主役輩出だもの。今年同様、名前を売り出したい俳優さんたちをバーターとして売りこんでくるのはもちろん、今度こそメインの役どころで、三浦春馬くんを出してくると踏んでいるのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タテルヨシノ銀座店(アラカルトスペシャル)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このエントリーをはてなブックマークに追加

血は立ったまま眠っている、感想追記。

 劇評が日経夕刊と朝日新聞に出たということで、前回の感想の追記など。


 劇評にしても演劇ファンからの感想にしても、森田さん高評価ですね! 本当に嬉しい。Vファンとして嬉しいのは勿論ですが、けれどそれ以上に演劇好き、そして長年の寺山ファン・蜷川さんファンである自分にとっては、良という役をこんなに魅力的に演じてくれたことがとても嬉しいです。


 第一回目の感想(アメンバー限定で書いていたので以下抜粋します)


 感想を一言で言えば、「色々な意味で、寺山修司も若かったのね!」というところでしょうか。中~後期の戯曲や実験映像好きの私からしてみたら、ストーリーも分かりやすいし、(おかしな言い方ですが)作りが親切。一人ひとりのキャラも立ってる。
 ただ、良役の森田剛さんがとても繊細な演技と佇まいで健闘していた分、良と灰男、夏美の関係がもう少し書き込まれていて欲しかったなとも思いました。
(中略)
 あの役は森田剛さんにしかできない。森田さんに出演拒否されたらこの芝居の制作をやめるつもりだったという蜷川さんの気持ちが痛いほど分かりました。先日のインタヴューでも出てきた言葉ですが、本当に「ナイフのような禍々しさを持ちながら、湧き水のように純粋」でなければ、良という役は絶対に演れない。
 良は出自が悪く、学が無い故に、志を持った年上の男・灰男に純粋な憧れを抱いている。思春期特有の苛立を、世の中の不条理に対する怒りに置き換えて、破壊活動を繰り返す日々。ここで灰男を武市半平太、世の中への不条理を幕末土佐における上士と下士との身分差に置き換えれば、『IZO』で見せてくれたキャラクターとも重なる部分が多いのです。
 自分の信じたものに対して、あくまでもひたむきでピュア。そこに雑念は無く、ただ尊敬する人のために働きたいといういじらしいまでの一途さがあるだけ。これは森田剛さん以外の誰になし得ようか!


 と書きましたが、ここに追記。
 ただ純粋だったり、透明感のある俳優さんなら他にも居ると思うのです。でもそこに、蜷川さんが長年求めている「屈折性」がなければ、良という役は絶対になし得ない。その背反する二つが絶妙なバランスで成り立っている、他に例がない人だと思っています。
 例えば藤原竜也さんが(三島的な意味で)非常に悪魔的な魅力を持つ天才俳優であるように、小栗旬さんが生まれながらに身に着いている品の良さと恵まれた肢体でシェイクスピア劇をこなすように、他の俳優にはない独特の魅力をさらに研ぎ澄ませて、これからも蜷川さんはもちろん、別の演出家さんの舞台にもっともっと出て欲しいなと思います。


 舞台奥の搬出口を開けて渋谷の雑踏をも借景し、ネオンや公衆便所といったセットを人の手によってゆっくりと出現させてゆく。(これは『ムサシ』 でも部分的に同じ手法を用いていましたね)
 社会の底辺で暮らす人々の強さ・猥雑さとギターのノイズ、一方で灰男や良のピュアさと詩的な台詞の美しさ・静けさ、その二つの対比が見事で(しかもそれを空間的に分けているのが、あの公衆便所!)蜷川さんの演出は素晴らしいなと感じました。


 2回目の観劇は今週末です。どうなっているか、今からとても楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム