Tu Veux, Tu Veux Pas 2011年08月
FC2ブログ

セクバニツアーレポ(大阪、神戸)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このエントリーをはてなブックマークに追加

『伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪』を観る。

@下北沢 ザ・スズナリ

<あらすじ(シアターガイドより)>
 凋落した貴族邸の応接間。伯爵令嬢・掬子に留守を任せられた田舎出身の女中・つぐみ(寺島しのぶ)は、皆が出かけて一人きりになると豹変し、主人たちの悪態をつきだす。レコードをかけ、高価なアクセサリーを身にまとい、しまいには電話で空想の恋人と愛を語りだす。さながら伯爵令嬢のように振る舞うつぐみは、どんどん空想の世界に入り込んでいく。
 すると、その滑稽な様子をすっかり見ていた掬子たちが突然現れ、つぐみを嘲笑する。これはつぐみの空想癖を知っていた掬子と友人たちのたくらみであったのだ。追いつめられていくつぐみ…だがしかし、実はつぐみこそが伯爵令嬢であり、本当の女中であるもう一人のつぐみ(村田弘美)は、美しい容姿に猿ぐつわをかまされ、後ろ手に縄で縛られ、テーブルの下から転がりでる。
 うそがほんとか、ほんとがうそか、次第に誰も分からなくなっていく…。



 個人的に超多忙なスケジュールの中、どうしても観に行きたくてチケットを取ってしまいました。MONOの『なるべく派手な服を着る』以来のスズナリ。相変わらずの昭和な雰囲気。会場は通路までギッシリ、かぶりつき席まで出る超・満員御礼ぶりです。

 寺山の、まだ「俳優に顔があった頃」の作品を観るのは久しぶりです。ましてや、女装劇『毛皮のマリー』(これは万有引力版でも美輪版でも観劇済)男装劇『星の王子さま』と並ぶ、初期の頃の美女劇と来れば、もう観ないわけにはいられなくて。
 召使とあるじの立場が逆転する、というのは、後の『奴婢訓』にも繋がっていくテーマなのかしら?

 あらすじにもある通り、二度のどんでん返しがあるわけですが、この「うそがほんとか、ほんとがうそか」というのは、『毛皮のマリー』の台詞にもある「ジャンケンで敗けた方がウソになってホントを追っかける」という寺山の、観る側への挑発がこの頃から萌芽していることが感じられて、わくわくしてきます。

 つぐみを演じたのは寺島しのぶさん。しのぶさんを、あのスズナリのキャパで観れるという贅沢さよ!
 基本的に私はいわゆる小劇場系が苦手で…というのも、演じている側の「私を見て」オーラや、コアな客との内輪ウケ&盛り上がりが非常に鬱陶しく感じられて、なかなか足を運べないでいるのですが(今回も事前に相当悩みました)やはり、この芝居もかなりそんな感じで辟易した中、普通に、本当にシンプルに、すらっと演じているしのぶさんが素敵でした。そんなに無理して自分をアピールしなくても、本物というのは際立ってくるわけですよ…。今回の芝居も、寺島しのぶというしっかりしたブレない芯があってこそだなと思いつつ、じゃあ劇団員だけでやっていた前回って…と恐ろしくなってみたり。
 ラストの、腰まで背中が開いたドレス姿はお見事でした。女優さんはやはり違う!

 他に目を引いたのが万有引力(寺山主催の劇団・天井桟敷の後継である劇団)の村田弘美さん。以前よく万有の芝居を観に行っていた時から好きな女優さんだったけど、少ない登場の中にも存在感が際立っていました。
 寺山の戯曲を扱う劇団は古今東西たくさんありますが、やはり万有引力はその中でもいわゆる「正統派」だと思うわけで、彼女が入ったことでより本来のの雰囲気に近づけたのではないかなと。いいスパイスになっていました。

 黒色すみれさんの歌と演奏は、前述の「私を見て」オーラが非常に鬱陶しくて、臍曲りな私は目を逸らしてさえいたわけですが、中山ラビさんのギターと歌は素晴らしかった! 『血は立ったまま眠っている』の遠藤ミチロウさんのような存在、といえば分かりやすいでしょうか、やっぱり寺山の作品には、蘭妖子さんをはじめ、こういったしゃがれ声の歌がよく似合う。

 ヴィジュアル的な話では、やっぱり宇野亜喜良さんの美術だなんて贅沢すぎ! 色使いがとっても可愛くて目を奪われます。細部までとっても凝っていて、隅から隅までじっくり眺めてしまいました。後、まさか最後に本水を使うと思わなくてびっくり。
 舞踏の高橋理通子さんも良かった。これはちょっと、後期の「俳優に顔がない」時代の寺山芝居的な存在ですね。
 アリスとテレスのようなキャラクター色の濃い双子の存在は『青ひげ公の城』にも出てきますが(あの時はPARCO劇場で、FLIP FLAPが演じていたなあ)何かのメタファーなのかしら。

 それから個人的にどうしても許せなかったことが、芝居の途中で突然意味不明なキャラクターが出てきて、何だろうこれは?と思っていたら、それが単にこの劇団の次回公演の宣伝だったのです。(ひとしきり終わった後、普通にまた本編が再開された)
 信じられない。戯曲の流れというのものをナメてるのか? 勝手にそんなことするな!世界観めちゃくちゃにするな! 観ている側の意識を現実世界に戻すな! もう、こういうとこも嫌だよ小劇場系は…。

 …気を取り直して。
 劇中でレズビアンな関係を匂わせる令嬢たちがいるのですが、その中で「海水浴に行った時、海は女性名詞だから裸になっても大丈夫ね」という台詞があり、思わず『血は立ったまま眠っている』の最後の良の台詞を思い出しました。

「君は海を見たことってある? ぼくね、今年の夏初めて見たんだけど、海ってのはあれはやっぱり女なのだろうか? 海はフランス語で女性名詞なんだけど。そうそう、自由はどっちだと思う? ラ・リベルテ、女だ。女なんだな、自由ってのは…ぼくは自由に恋していたのだ!」



 …思い出しただけで泣けてくる。良役の森田剛さん素晴らしかった。役とのシンクロニシティに全身が震える思いをしたのは、『弱法師』の藤原竜也さん以来久々の体験でした。
 スズナリで今回の芝居を観た時に心から感じました。あの寺山の処女戯曲『血は立ったまま眠っている』を、コクーンでやった蜷川さんってやっぱりすごい。強烈なアングラ色を纏った芝居を、商業演劇の殿堂みたいなハコでやるんだもの。
 あの作品こそ、心からもう一度観たいと願っています。
(あれ、話がずれちゃった。まあ、今回のしのぶさんの客演も、この『血は~』がきっかけだったということで…)



----------
 劇場を出たところで、安達祐実さんと毬谷友子さんをお見かけする。毬谷さんが! もうあまりにもキュートで、思わずじいっと見つめてしまいました。(ごめんなさい) 後で実年齢知ってびっくり…。

 いわゆる「小劇場系」の雰囲気にゲンナリしつつも、観ておいてよかったなと思える芝居でした。まあ、しばらく下北沢はいいです…(苦笑)このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

てつこの部屋:九州新幹線さくら

久々のてつこの部屋でございます。
新大阪駅に九州新幹線のさくらタンが乗り入れているということで、撮影してきました!


お鼻の真ん中がすーっと通っていて、ウルトラマンのようです。


博多から鹿児島まではなんとノンストップ!
上越新幹線の「とき」タンのように、電光掲示板の文字にはピンク色が使われていました。


ボディのサイドには九州と、西日本の文字が。

普段は絶対見られないので、大興奮でした(*´Д`)/ヽァ/ヽァ
さくらタン、いつか絶対乗りたいよー。このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪グルメ2011夏

今回の遠征でも、美味しいB級グルメをたくさん頂いてきました。
いつもなら新幹線に乗り込んだ途端に駅弁を広げるのですが、どうしてもうどん屋さんに行きたくて、がまんがまん。


中津、うどん屋きすけさんの、肉ぶっかけ温泉たまごのせ。
麺はかなりもっちりで超好み。甘く煮た牛肉は、大阪にしては濃いめのおつゆと温玉にからんで、とっても美味でした。
店内は女性一人でも気軽に入れるような雰囲気。絶対また行きたい!


もう何度目になるかわからないくらい、キタで飲むときは必ずお邪魔している焼き鳥のお店。
ここに初めてきたとき、絶対に飲兵衛で焼き鳥を愛するうちの相方を連れてきたい!と思っていて、ついに今回念願かなったのですが、案の定すっごく気に入ってくれて、飲み過ぎてましたw


他のお友達と行くといつもここまでたどり着かないのですが、とっても味わい深い鶏のお出汁が効いたにゅうめん。
最高においしいです。


二日目のお昼は、なんと大阪遠征してから14年経って初めてという、お好み焼きとねぎ焼きのお店へ。
お好み焼きはもちチーズだったのですが、チーズがチェダーで、ソースの濃さに負けないしっかりとしたお味が残っていて、美味しかったなあ。


こちらはねぎ焼き。しょうゆマヨネーズと、ソースマヨネーズの二種類食べれて飽きません。ふわふわでおいしいの。


最後はやっぱり、新幹線で駅弁! コンサートが終わったあとのビールは最高です(・∀・)このエントリーをはてなブックマークに追加

「V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!」大阪参戦。

「V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!」大阪に参戦してきました!
セットリスト含め、大々的にネタバレしておりますので、ネタバレいやんな方は回避してくださいませ!






<セットリスト>
1.will
2.OK
3.Revolution
4.Crank it up!
5.Sexy.Honey.Bunny!
6.12ヶ月
7.days-tears of the world-
8.官尾
9.桜色桜風
10.Happy Happy Birthday!
11.New Day
12.Catch
13.Walk
MC
14.only dreaming
15.Mission of Love
16.Medicine
17.ヨロコビノウタ
18.遠いところまで
19.悲しいほどにア・イ・ド・ル
20.You know?
21.Air
22.SUPERNOVA
23.GUILTY
24.逢いたくて
25.明日の傘

EC
26.グッデイ
27.本気がいっぱい
28.Darling
29.CosmicRescue
30.愛なんだ
31.HONEY BEAT
32.Sexy.Honey.Bunny!



見事にカップリング曲コンという感じですね…去年のシングルコンとの対比になっているのかな。個人的には、「蝶」のカップリング曲が1つもないのが残念。大和魂に火がついてみたかった!

シングルが殆どないことで、ファンの間でも賛否両論なのですが、V6の一つの可能性というものを見せてくれたように思いました。やる側にとってもすごくチャンレジだったと思うのです。

ステージは360度で、センステは六芒星のかたち。そこから6本の花道が出ていて、四つ角にクレーンがそれぞれ1台ずつ。節電対策もばっちりでしたが、六芒星が時に三角形、時に菱形にライトアップされて、本当に綺麗でした。あとレーザー光線多用。昔はグリーン系しかなかったけど、今は赤やブルーまであるんですね。

神戸までに普段はあまり聞かないカップリング曲を聞きたおして、復習しようと思います(`・ω・´)このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム