Tu Veux, Tu Veux Pas 2013年07月
FC2ブログ

アーセナル・アジアツアー2013

大好きなアーセナルが来日!ということで、埼玉スタジアムまで観戦に行ってきました!
(アーセナルは、イングランド・プレミアリーグに所属するサッカーチームで、ロンドンにも何度か現地観戦に行っているくらい、大好きなチームです)

goods.jpg
ここぞとばかりに、家にあるありとあらゆるアーセナル&フランス代表グッズを持参。

samantha.jpg

kobo.jpg
フランス代表・ジルーのために作成したボード。ジャニヲタとしての技術の粋を結集(`・ω・´)ゞ


埼玉県民のお友達が、メインスタンド前から2列目という超良席を引き当ててくれたおかげで、超至近距離で大好きな選手たちの活躍を観ることができました!

しかし、埼玉スタジアム遠いですわ。。。通常でも最寄り駅である浦和美園から徒歩20分という厳しい場所にあるのに、帰りは4万人以上が一斉に退出するせいで、試合終了から電車に乗るまでかかった時間が60分!!!
20分も歩かせるくらいなら、浦和美園駅の先に、試合がある日だけオープンする専用の駅を作ればいいのに。
横浜国際総合競技場や味スタの時の方が、ぜんぜん人のハケが良かった。こんなに帰り道に苦労したのは、コンサートやサッカー等のあらゆるイベント事を含めても、初めてのことです。

サウナの中にいるような蒸し暑さと疲労感とで、HPがゼロになりながら、結局帰宅したのは、試合終了後3時間経過した深夜でした…もうあのスタジアムには行きたくない。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。 毎週のように通っているレッズサポの皆さんを尊敬します。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : アーセナル
ジャンル : スポーツ

タテルヨシノ・7月

大好きなフレンチレストランであるタテルヨシノさんにどうしてもお友達をお連れしたくて、サマンサ嬢とお友達と3人でお邪魔して来ました。

いつもは全ておまかせコースにして頂いているのですが、ムニュの中から選んで頂いた方が良いかなと思い、久々に普通のコースを。いつもお世話になっているソムリエのKさんにも「こうしてカルトをお渡しするのって、いつぶりでしょうか」と言われてしまうくらいw

CIMG3543.jpg
アミューズ:玉蜀黍のスープと生ハムメロン
砂糖は不使用なのに、なんでこんなに甘いの?!というスープと、美味しくないわけがない生ハムメロンさん。

CIMG3544.jpg
アントレ:パテアンクルート・ステラマリス
久々に王道を。

CIMG3546.jpg
ポワソン:サーモンミキュイ・ステラマリス
10年前から大好きな一皿。このレアというか、なんとも言えない色合いと食感がたまらなく美味しいのです。

CIMG3547.jpg
ヴィアンドゥ:ムサカ
羊肉がちょっとクセがあるかしら?と思いきや、トマトの酸味の効いたソースがそれを打ち消し、中和してくれて、美味しくいただきました

CIMG3549.jpg
プレデセール:クレープ
こちらはショコラのソースでいただくバージョン

CIMG3550.jpg
デセール:クレープシュゼット
ムニュに無かったのですが、特別に作ってくださいました。オレンジたっぷりひたひたで美味しい❤

ワインは全て、お皿に合わせてグラスでいただきました。
本日も幸せなひとときを、ありがとうございました(*´∀`*)このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

七月花形歌舞伎『東海道四谷怪談』見物

七月花形歌舞伎『東海道四谷怪談』を見物してきました。

787547783.jpg

配役はこちら。

通し狂言 東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)
 
  序 幕 浅草観音額堂の場
      宅悦地獄宿の場
      浅草暗道地蔵の場
      浅草観音裏田圃の場
  二幕目 雑司ヶ谷四谷町伊右衛門浪宅の場
      伊藤喜兵衛内の場
      元の伊右衛門浪宅の場
  三幕目 本所砂村隠亡堀の場
  大 詰 滝野川蛍狩の場
      本所蛇山庵室の場
   
お岩/佐藤与茂七/小仏小平・・・菊之助
直助権兵衛・・・松 緑
奥田庄三郎・・・亀三郎
お袖・・・梅 枝
お梅・・・右 近
四谷左門・・・錦 吾
按摩宅悦・・・市 蔵
後家お弓・・・萬次郎
伊藤喜兵衛・・・團 蔵
民谷伊右衛門・・・染五郎



菊ちゃんは三世菊五郎演出に則り、お岩・与茂七・小平の3役で大活躍。
優等生で正統派の菊ちゃんらしい、相変わらずきっちりとした役作りだったなと感じました。
お岩は、毒薬を飲む場の柔らかな身体の曲線とたおやかな仕草、開き気味の胸元に、男性だと分かっているのに萌えすぎて大変でした。
小平が何人かの男に縛られ、あまつさえ猿轡された時には死ぬかと! (菊ちゃん、品がありすぎて、小者に見えないし!)
立役の与茂七は、水際立った若衆の美しさ。隠亡堀での、だんまりからの染五郎さん・松緑さん・菊ちゃんの見得には、思わず拍手喝采でした。

蛍狩のシーンはとても幻想的で、現実のおどろおどろしさが、この場面で華やかな衣装に身を包んだ在りし日の伊右衛門とお岩の幸せそうな様子を余計に引き立てることとなり、見物の私もしばし夢心地。

幽霊になってからのお岩は、「怨めしや」という台詞も相まって、まさに思い描いている通りの日本の幽霊そのもののビジュアル。燃えた提灯の間からお岩が登場したり、仏壇返しや宙吊りになって庵室を彷徨うところは、ケレン味十分でとても楽しめました。

そして久々に梅ちゃんを拝見できて嬉しかったです。細面で古風な梅ちゃんの美貌にはいつもうっとり。思わず守ってあげたくなるような、健気なお袖ちゃんを好演していました。

個人的には、どうしても蜷川さんの『ボクの四谷怪談』を思い出してしまって。
あの時は伊右衛門=佐藤隆太、お岩=松也くん、お袖=栗山千明様、与茂七=小出恵介、直助=勝地くん、お梅=谷村美月ちゃん、喜兵衛=勝村さんだったんですよね。こちらでは三角屋敷の場面もやってくれたので、お袖ちゃんの哀しさが余計に感じられて、歌舞伎の方でも取り入れて欲しかったなあと感じました。

暑い夏に、背筋がひんやりするような日本の怪談もの。
花形三人の熱演を、たっぷりと楽しませて頂きました。このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

宝塚花組『戦国BASARA』

渋谷ヒカリエの中にある劇場・東急シアターオーブにて上演された、宝塚花組『戦国BASARA-真田幸村編-』を観に行ってきたので、ネタバレ含む感想など。

宝塚でBASARAのミュージカルが上演されるという話を聞いた時は、てっきりアニメ同様筆頭を主役に据えたストーリーだと思い込んでおりましたので、蘭寿さんにあの筆頭のクールなキャラはちょっと合わないんじゃないかしらと思いつつも、宝塚×カプコンの『逆転裁判』上演における新たなファン層の取り込みと興行的な成功、そして宝塚が誇る衣装部さんと大道具さんのクオリティの高さを十分知っているだけに、これは絶対に観に行かねば!と思っていました。

そして後日発表された詳細を見て、なるほど、暑苦しい幸村を熱い蘭寿さんに演らせるというわけね!と納得。しかし、あれ…? 二番手スターであるみりお様が、軍神様…?え、じゃあ筆頭は?と思ったら、新人公演の主演経験者ではあるけれども、別格スターの立ち位置を築きつつある、みーちゃんが演じると。

そんな配役一覧がこちら。

<出演者>(順不同・敬称略)
蘭寿 とむ(真田幸村)
蘭乃 はな(いのり ←今回のオリキャラ)
明日海 りお(上杉謙信・受)
高翔 みず希(山本勘助)
華形 ひかる(武田信玄)
春風 弥里(伊達政宗・受)
月央 和沙(真田昌幸)
望海 風斗(猿飛佐助・攻)
芽吹 幸奈(夢)
鳳 真由(宇佐美定満)
大河 凜(直江兼続)
桜咲 彩花(かすが)

実はこの配役、私がアニメBASARAで考えていたキャラクターの受攻と、演じるタカラジェンヌさん自身の受攻がほぼ不一致という、わたし的に大変微妙な配役w

それでも!そんなことを差っ引いてもなお! 予想通り、いのりがちょっとウザかったにせよ!←
やっぱり二次元の作品を三次元化する時の宝塚のクオリティの高さはすごい!と、想像以上に感激!! 生徒さんたちの髪型やメイクはもちろん、衣装や武器(特におやかたさばぁの大斧!)の再現度の高さに、感心することしきりでした。宝塚の衣装部さんのスキルぱねぇ!!!

その中でもとにかく、みーちゃんの筆頭があまりにも筆頭すぎて、本当にアニメが3Dになったのかと思うくらいの、見事な筆頭でございましたの!
ビジュアルの良さは勿論ですが、刀の柄に手を置いた時のポージング、オープニングとラストのキャラクター総出シーンでずらっと並んだ時の身体の構え方・姿勢・少し煽り気味に客席を見る視線。
そして何より、喋り方が! 英語を含めた台詞回しも、台詞と台詞の間の取り方も、何もかもがアニメ版で声優を演ってらした中井さんそのまますぎて、鳥肌が立ちました。

BASARAというゲームにおける筆頭人気の高さを十分に意識した上での、このキャラクター造形の深さ。彼女の研鑽が、元々持っていた舞台人としてのスキルの高さと相まって、こんなにも素晴らしい筆頭に昇華したわけです。

o0400060012581642656.jpg

l_51bb4710297f3.jpg

もう!筆頭カッコいい!!! 。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

一番びっくり&嬉しかったのが、幸村との戦いで、筆頭が六爪を抜いた時に会場に起こったどよめきと拍手。ここ、通常の宝塚の公演では絶対に入らないところなんですよね。ここでそれが起きたのも、筆頭人気の高さ+みーちゃんの素晴らしさ+非ヅカヲタであるBASARAファン観劇人口の多さを物語っているなあと、嬉しくなりました。
「独眼竜は伊達じゃねぇ」「You see?」の時はほんとやばかったです…私も普段ここで拍手なんて入れないけど、無音で思わず拍手してしまった!


みりお様の軍神様は、非の打ち所のない美しいお姿といいお歌といい、文句のつけようがない素晴らしさ。「うつくしきつるぎ」等、台詞もきちんと平仮名に聞こえました。あと、軍神様の配下が皆娘役ちゃんだったのも、考えられているなあと思いましたね。
幸村との空中での戦闘シーンはCG+映像を使って上手く表現されていて、ゲーヲタの皆さんにも楽しんで頂けたのではないかと。

かすが役のべーちゃんも、ツンツンしてて超可愛かった。あのトンデモ衣装どうなるんだろうと思っていたら、意外と無難にまとまっていました。軍神様に触れられて「ああ~ん!」で薔薇が散るところとか、最高www キター!と思いましたw

だいもんの佐助は、元々の台本がそうなのか、もっともっと佐助の軽さ、おちゃらけた感じが出ていても良かったのかなと思いました。それがあってこそ、目的を見失った主人・幸村を諌める部下というシーンが引き立ったのに、と思うと残念。
おちゃらけて、いつもふざけているけれど、滅法強くて優秀な忍び、なのが佐助の魅力の一つでもあると思うので、そこが消されてしまっていたのがなあ…それもこれも、だいもんが優等生であるが故なんですけどね…真面目すぎるきらいがあるというか。
でも美声も相変わらずでしたし、もっとソロを歌わせてあげて欲しい。
足を組んでウインクし、ぺろっと舌を出す決めポーズは良かったです!

肝心の主演・蘭寿さん。
もともと蘭寿さん自身が熱く、パッショネイトな方なので、幸村というよりは何だかそのまま蘭寿さん、な感じの幸村でした。ですので、原作から一番かけ離れていたのは、実はこの人だったかもしれません。幸村というよりは、幸村の格好をした蘭寿とむ、でした。
でも私の大好きな、蘭寿さん独特のあの腰の使い方とか、視線の遣り方とか、暑苦しい感じとか、演技の上でのタメとかw ああ、蘭寿節だあ!と久々に見て嬉しくなりましたw
(全然褒めてないやwww でも大好きなの!)

いのりは…もうオリキャラという時点で終了だし、トップ娘役のために、こういうキャラを作り出さざるをえない状況は、娘役ファンとして十分に同情できるんですけども、まあうざいものはうざい、と。 (ごめんね、蘭ちゃんは悪くないの。蘭ちゃんのせいじゃないの)

総括。幸村を主役に据えたならば、彼が最終的に戦う相手はやはり筆頭にして欲しかったなとも思うけれど、「甲斐を背負う覚悟を決めた」という今回のストーリーであれば、ラスボスが軍神様なのも仕方ないのかな、と思っています。意外と3時間でまとまっていて、ビジュアルスキルの高さも相まって存外楽しめました。前から3列目だったし!



ああでも筆頭…もっと見たかったよ…そして筆頭がいるのになぜ右目が傍にいないの! 台詞なんか無くていい。右目は政宗様のお傍を離れないんじゃなかったのかよ!(という私の萌えのために…)
ぜひとも、次回は筆頭主演で! 瀬戸内も強引に出しつつ、慶次も見たいな~と思います。 ヅカ版『逆転裁判』だって、エッジワースのスピンオフ舞台が上演されたことだし!ぜひともみーちゃん主演で、ひとつお願いしますねカプコンさん&小林さん!

とか書いてたら、みーちゃんの退団が発表になるというまさかの展開・・・・・・・・・・・・・
嘘でしょ…(泣) それこそ逆裁後の、ななっぺの退団と同じじゃないですか・・・このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム