Tu Veux, Tu Veux Pas 2014年11月
FC2ブログ

2014年11月ベヴィ会:シグネチャー

 2014年11月のベヴィ会は、私の誕生日も近いということで、めるたんにリクエストを聞いて頂き、マンダリンオリエンタルホテルにあるフレンチレストラン『シグネチャー』におじゃましてきました。

67536ea0.jpg
カナッペ
ピックを差すための穴やカナッペスタンドがあるこのお皿がとっても可愛い!

b5c4836a.jpg
アミューズ・ブーシュ:人参・みかん・チーズの、とってもオレンジ色なお皿。みかんとチーズの組み合わせは意外でしたが、甘味・酸味・塩味のバランスもよく、美味しかったです。

c618d456.jpg
サンマのマリネとそば粉のタルトレット カリフラワーのグレックといくら
タルトレットにじっとり染み出すほど脂の乗ったサンマは、とてもふっくらとしていてジューシーでした。
梅のソースとイクラの塩気がどちらも主張しすぎることなくサンマを引き立てていて、食べ終わるのが勿体無い!と思うくらい美味しいお皿でした。

a0d5a329.jpg
トマトのコンソメ タピオカとチョリソーのクロメスキ
この中に小さなコロッケを入れていただきます。円形の冷たいシャーベット状になったトマト+温かいスープと、熱いのと冷たいのを両方楽しめ、タピオカのぷにぷにした食感も楽しい一皿でした。

037dbbbb.jpg
オリーブをピケした仔豚のソテーとホホ肉のブレゼ ニース風野菜のファルシ
部位の違う豚のお肉の違いが楽しめます。ボリュームもあっさり目で女性に優しい。

e78d11e6.jpg
デセール:チョコレートスフレ
本来であればアーモンドを使ったデセールだったのですが、アレルギーのある私のために別でご用意くださいました。
スフレは、外はサックリ・中はふわトロ! 別でいただくオレンジのゼリーと共に。

ef8f5e1f.jpg
バースデープレート
お祝いしていただきました

d608c7a2.jpg
コーヒーと小菓子
濃厚なザッハトルテのような感じ

メートルさんから、こちらのシェフがピエール・ガニエールのもとで修行されていたとお聞きして大いに納得。
店内もモダンかつ洗練された内装で、ゆったりとお食事を楽しませていただきました。

めるたん部長からは、お誕生日のお祝いとしてル・クルーゼのプティ・ラムカン・ダムールのセットをいただきました♪
ありがとうございました♡ 大切に使います♡
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

【祝】V6紅白歌合戦、初出場!

【祝】V6紅白歌合戦 初出場!!

B3WJvaRCEAAZPr5.jpg

 出場者が発表される11月26日。リアタイでNHKの番組『情報まるごと』を観ていたのですが、初出場のアーティストとしてV6が紹介された瞬間、熱いものが込み上げてきました。

 デビュー20周年イヤーにして、紅白歌合戦初出場。
 この19年間、何度となく期待し、そして夢破れ、半ば諦めかけていたところにこの朗報。ファンとしてこれほど嬉しい事はありません。

 V6は、1995年11月にCDデビューしました。1997年の大河ドラマ『毛利元就』で、主演:中村橋之助さん演じる毛利元就の少年時代を剛くんが演じることになって、当然のように出場すると思っていた1996年末の紅白歌合戦の出演者の中にV6の名前が無かった時は、信じ難い思いでいっぱいでした。
 それ以来、2010年に井ノ原くんがNHKの朝番組『あさイチ』の司会を勤め始めた年も、剛くんが再び2012年の大河ドラマ『平清盛』に出演した時も、「もしかしたら今年こそ出場するかもしれない」という期待を裏切られてきました。
 「同じ事務所からは○組しか出場できない」という都市伝説や、所属レコード会社の出場比率の問題…まことしやかに流れる大人の事情はさておいても、なんとも腑に落ちない人選の後輩グループの出場には、正直ここ数年もやもやとした思いを感じていたのも事実です。

 そして2014年。岡田くんが大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演を務め、長野くんは『晴れときどきファーム』、三宅くんはEテレで『みんなの手話』のレギュラーをさせていただき、視聴率も絶好調の『あさイチ』の司会も5年目に入った井ノ原くんが居て。もう今年出れなければ、二度と出場機会は無いだろうと思っていました。

 そんな中、11月20日に某スポーツ新聞1誌のみが初出場のニュースをすっぱ抜いた時も、私含め周りのV6のファンは、今まで何度もこういった飛ばし記事に翻弄され、期待を裏切られて傷付いた経験があったせいか、「正式発表があるまでは信じない」と慎重になりつつ、発表当日を迎えました。

 そして、正式発表当日である11月26日。14時からの発表を前に、朝から新聞やネットニュースでもV6の初出場を書き立てる記事が乱立し、「もしかしたら、いやでもまた期待はずれだったら…」と居ても立ってもいられない気持ちでNHKを観ていたら、「V6、紅白歌合戦初出場」の発表があったのです。

B3WJ8PJCQAAAciJ.jpg
 白い大きな幕が一斉に取り払われた中に、初出場のアーティストの皆さんと共に現れたV6。やはり『軍師官兵衛』岡田くんと、『あさイチ』井ノ原くんが前列に座っています。
 剛くんが、主演舞台『ブエノスアイレス午前零時』ゲネプロの為に会見を欠席したことが、やはり残念。

B3WKDaxCEAAxSfp.jpg

B3WKSgNCMAEARcw.jpg

B3WKn82CUAE4cPL.jpg

 いまの時代、紅白出場にそれほど拘ることは珍しいのかもしれません。けれど、記者会見で井ノ原くんが「親孝行できる」「95歳になる祖母が喜んでくれる」と語った通り、絶対的な認知度を誇る国民的音楽番組に出場するということは、やはり特別なことであり、グループとしても大切な経験になると思います。
 何より、井ノ原くんの「待っていてくださったファンにも恩返しができると思います」という言葉が嬉しかった。ファンが待ち望んでいたことを、きちんと知っていてくれているんだなあ、と。

 改めて…
 V6、19年間待ち望んできた紅白初出場、本当におめでとう!!!
 大晦日はNHKに張り付いて応援します(*´∀`*)


<メンバーからのコメント>
坂本◆「20周年イヤーということで最高のスタートが切れます。ステージでは精一杯、最大限僕ららしさを出していきます」

長野◆「昔、応援で紅白に参加したことはあるけど、今回の初出場は本当にうれしく思います」

井ノ原◆「我々はもうすぐ20周年を迎えるんですけど、新人ぶっちゃってすいません。僕らはカウントダウンライブをしていて、これまで紅白に出る機会がなかったんですが、これでやっと親孝行できるなっていう気持ちもありますし、待っていてくださったファンにも恩返しができると思います」
「正直な話、もうないだろうなと思っていました。今回聞いた時に『え?いいの?』って。そんなありがたいことってないよなって感じで、ちょっとまだ実感がないです」
(一番ステージを観てもらいたい人は?と聞かれ)「95歳になる祖母が喜んでくれると思います」

森田(坂本代読)◆「僕たちV6が20周年という記念すべき年に紅白歌合戦に出演させていただけることを大変嬉しく思っています。選んでいただいた期待に応え、20年の月日で積み重ねた、V6だからこそ出せる“らしさ”で初出場を楽しみたいと思います」

三宅◆「おじいちゃんやおばあちゃんにも喜んでもらえるようにがんばりたいです」

岡田◆「昨年は審査員として紅白のステージを見ていたので、今年そのステージに立てると思うとうれしいです。新人のつもりでがんばりたいです」
(V6らしさについて聞かれ)「人生も含めて、自分たちの“らしさ”を見つめ直す20周年にしたいと思ってます(笑)。でも絆ですかね、いいときも悪いときも含めてこの20年を乗り越えてきたこの6人の絆を表現して『いい歳の取り方をしたな』と思われるグループでいたいです」
(初の晴れ舞台を誰に見てもらいたいか?と聞かれ)「大河もそうですけど、親戚の方々が喜んだので親戚の方に見て頂きたいですし、大河のスタッフも今日たくさん応援しに下さっていますし、その方たちに見て応援して頂きたいです」


<2014年NHK紅白歌合戦 出演者一覧>

[紅組]
絢香(7)
E-girls(2)
いきものがかり(7)
石川さゆり(37)
HKT48(初)
AKB48(7)
SKE48(3)
NMB48(2)
神田沙也加(2)
きゃりーぱみゅぱみゅ(3)
香西かおり(18)
伍代夏子(21)
坂本冬美(26)
椎名林檎(2)
天童よしみ(19)
中島みゆき(2)
西野カナ(5)
Perfume(7)
藤あや子(20)
松田聖子(18)
水樹奈々(6)
水森かおり(2)
miwa(2)
May J.(初)
ももいろクローバーZ(3)
薬師丸ひろ子(初)
和田アキ子(38)

[白組]
嵐(6)
五木ひろし(44)
EXILE(10)
関ジャニ∞(3)
クリス・ハート(2)
郷ひろみ(27)
ゴールデンボンバー(3)
三代目 J Soul Brothers(3)
SMAP(22)
SEKAI NO OWARI(初)
Sexy Zone(2)
T.M.Revolution(5)
TOKIO(21)
徳永英明(9)
AAA(5)
長渕剛(4)
氷川きよし(15)
V6(初)
福田こうへい(2)
福山雅治(7)
細川たかし(38)
ポルノグラフィティ(13)
美輪明宏(3)
森進一(47)

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : V6
ジャンル : アイドル・芸能

Kis-My-Ft2 Live Tour 2014 “Kis-My-Journey”

 夏から始まったキスマイのツアー、ようやく!チケットが取れていた東京ドーム2daysに参戦してきました。

10808989_734166529999851_1106996092_n (640x640)

 (名古屋はお友達に誘ってもらったのに、仕事の関係で行けなくて…よくぞここまでネタバレもせずに来たなと、自分を褒めたいw)

<セットリスト>
1.Everybody GO
2.WANNA BEEEE!!!
3.SHE! HER! HER!
4.Kis-My-Me-Mine
5.テンション
6.Seven Journey
7.Luv Sick
8.Striker
9.ダイスキデス
10.キスウマイ
11.3.6.5
12.Only one…(玉森ソロ)
13.FIRE!(北山&藤ヶ谷)
14.運命Girl
15.アゲてくぜ!
16.My Resistance -タシカナモノ-
17.Another Future
18.Snow Domeの約束
19.アイノビート
20.Shake It Up
21.ツバサ
22.FOME(北山ソロ)
23.LU4E(藤ヶ谷ソロ)
24.てぃーていーてぃーてれっててれてぃてぃてぃ(舞祭組)
25.Kis-My-Calling!
26.Fire Beat
27.Take Over
28.若者たち
29.光のシグナル
30.僕らの約束

アンコール1
31.We never give up!
32.キミとのキセキ

Wアンコール
33.棚からぼたもち(舞祭組)
34.千年のLove Song
35.Seven Journey

トリプルアンコール
36.Good-bye,Thank you


 いつもながらにキスコンの満足度、半端ない!
 何せ事務所ファン歴長いBBAなもんで、他のグループ(もちろんV6含む)のコンサートに関しては多少なりとも「こうした方が良かったのに」「もっとこうするべき」と語ってしまうのですが、キスコンのこの完成度というか、自分的満足度の高さって何なんだろう。いつも無条件にすごく楽しいし、良いコンサートだなあと思います。

 まず、ドームという空間の使い方がとても上手。空中ブランコや宙吊り等、縦にもしっかり空間を使いつつ、ステージもメイン・センター・バクステ・外周すべてを上手く使っていて、偏りが全く無い。
 特に消防法ギリギリじゃないかと思われるほど大きく取った外周は、ローラースケートでのスピード感ある見せ方はもちろん、スタンドマイクを使ったダンスがあったり、そこだけで歌う曲もあったりと、使い方が巧い。
 セットリスト一曲一曲のフォーメーションやアレンジにも変化を付け、手抜きの無い、ファンを飽きさせない作りでした。3時間があっという間!
 ローラースケートで歌う曲、がっつり踊る曲、お手振り曲のバランスも非常に良い。好きだな~!
 今回は特にアルバム『Kis-My-Journey』を引っさげてのツアー。テーマであるJourneyという言葉の通り、色々な特徴を持つテーマパークを旅する、というしっかりした軸があってすごく楽しかった!

 キスコンはいつも玉森くんと宮玉をメインで楽しみに行くのですが、やっぱりどうしたって千ちゃんのダンスには目を奪われます。
 特に『Luv Sick』の前のダンスソロから始まり、『Striker』までは釘付け。身体の使い方がバツグンに巧いし、最高にカッコいい。ジャニーズ事務所にはダンスの上手い人得意な人など色々居ると思うけど、my双璧は断然森田剛と千賀健永だわ、といつも感じます。
 あと千賀さんがすごいのは、こういうストリート系のダンスがうまくてカッコいいのは勿論なんだけど、『ダイスキデス』みたいな正統派ジャニーズの時は、超ロイヤルになるところ! ストリートのかっこよさも、正統派王子様の気品も持ち合わせているわけです。素晴らしい。


 MC等はTwitterで落としたので、以下にまとめます~。
 もちろん宮玉は、オフマイクで時々コショコショ話していて可愛かったです(し~)♡('・_,')

<11月8日>
MCを(本人曰く)グループの外から眺めている横尾さんに、途中からずっとたいちゃんが付き添い、時折横尾さんの肩に肘を置いてみたり2人で笑いあったり、たいちゃんが何かを囁いてそれを横尾さんが発言したりと、わたたい三昧でした。

縄跳び後の記念撮影で、センターに居たわたたい。たいちゃんからチューと唇を突き出して横尾さんに近づくと、不意に横尾さんがたいちゃんの方を向いたために唇と唇が接触寸前に!(残念ながら私の席からは接触したかどうか確認できず)

横アリでのお正月イベントについて話すみっくんに「じぇじぇ!」とツッコミを入れた玉森くんw すぐにその発言を拾われて、「もう一度言って!」とせがまれるも、玉「言った自分が恥ずかしくてたまらない…」と顔を顰めてて可愛いったら!

会場購入のCD特典でもらえるネックストラップに、「何これ、何これ」とチャチャを入れる玉森くんに、宮田くんが笑いながらオフマイクのまま、背中にぺしっとツッコミを入れて、振り返った玉森くんと笑い合ってました。
宮玉あああああ!!

あとお友達から教えてもらったんだけど…
キミキセのたいちゃんソロ「運命のドアの先に 広がる新たな世界」で、いつもたいちゃんが宮田にイチャつきに行くのですが、玉ちゃんメインモニタでそれを確認してから、「いつの日もキミを眺め 僕は強くなる」で仁王立ちになって拳を突き上げたそうで…
私は拳を突き上げたたまちゃんだけ見ていたのですが、お友達が「その前に、メインモニタでガヤミヤがイチャついてたのを確認してた」と教えてくれて…たまちゃん…愛が、重いょ…

※今日のBLおじさん:(メインモニタに映るわたたいに湧く会場に向かって)
⊂*`∀´⊃「皆が好きなペアがあるんでしょ?」


<11/9>
・千ちゃんの口から「担降り」という言葉が出て驚愕w
・大喜利の時に、千ちゃんが天の声さんにいつも「はい!」って最高の笑顔でお返事してて、すっごい可愛かったあ

MCにて
宮「お正月もキスマイと一緒だよ!」(会場から歓声)
宮「盛り上がった!」
北「それはタマがそばに居たからだろ」
玉ちゃん、宮っちの肩をポン。
宮「たまに慰めてもらったあ」
こんな些細な宮玉でも嬉しい( ;∀;)

キミキセの「wowow」のところ、宮っちが膝を付いた姿勢で玉ちゃんにカメラを向ける→玉ちゃん、渾身のヲタ芸→今度は玉ちゃんがそのカメラを奪い、宮っちの本気のヲタ芸を撮影→玉ちゃん、「よくできました!」という感じでgoodサインを出してました。
宮玉ぁぁぁ( ;∀;)

そして…なんと…
宮玉カーキタ━━━━━━゚+.(・∀・)゚+.゚━━━━━━━ !!!!!

玉ちゃんにハンディカメラを渡した宮っちと2人で内緒話→メイン通路で宮玉カー!押してくれるジュニアがいないので、宮っちが手を付きながら漕いで蛇行する宮玉カーだったけど、玉ちゃんは「宮田がんばれ、宮田がんばれ!」(この声が舌っ足らずでめっちゃ可愛くてですね…)と声掛けつつ、楽しそうにそれを撮影♡

 いやもう、まさか宮玉カーが見れるなんて! 押してくれるジュニアもいないし、見れないんだろうなと思っていただけに、嬉しすぎてうちわかなぐり捨ててガン見しましたよ<●><●>
 しかしまあ、宮玉カーの時の玉ちゃんの笑顔は素晴らしいですね! あんな笑顔を引き出せるのは宮っちだけだよ。萌えながら何か泣きそうになったよ!  本当に幸せなんだな、楽しいんだなと言うのが伝わってきます。良かったね玉ちゃん♪



(´-`).。oO(・・・FKの『FIRE!!!』は、もっとあざとらしく絡んでくれても良かったかも、と思っております。やーいビジネスホモ!と指差しながらも内心めっちゃ萌えて立ち直れなくなるくらい、あざといやつ・・・)
(´-`).。oO(・・・でもこれは、シンメ芸の一つの極みを見せてくれたような気がしますね・・・)
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Kis-My-Ft2
ジャンル : アイドル・芸能

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 “Come Here” 所感。

 サマンサ嬢がKAT-TUNに関しての思いを長々と語ってくれたことに、一言一句同意しながらblogを読ませてもらったのですが、私もこのまま風化させてはいけないと思うので、夏のツアーの所感を纏めてみました。(Twitterで呟いたものに、若干の加筆をしています)

<セットリスト>
01.Come here
02.Real Face
03.BIRTH
04.BOUNCE GIRL
05.FANTASTIC PLANET
06.DANGEROUS
07.HIDE and SEEK
08.優しい雨
09.ART OF LIFE 上田竜也ソロ
10.不滅のスクラム
11.クレセント 中丸雄一ソロ
12.フェイク
13.楔-kusabi-
14.Birds
15.BLACK
16.BREAK UR CAGE
17.SIGNAL
18.Love yourself~君が嫌いな君が好き~
19.FACE to Face
20.WHENEVER I KISS YOU 田口淳之介ソロ
21.Emerald 亀梨和也ソロ
22.TRIANGLE
23.In Fact
24.SUMMER EMOTION
25.Believe In Myself
26.MY EVERY TIME

(アンコール)

27.SUNRISE
28.Peacefuldays


 彼らの原点である国際フォーラムでの初日を終え、ホールから横浜アリーナに会場を移したことで、アリーナ仕様にセットも当然変わるだろうと思いきや、センター席&2階スタンド席にトロッコが2台ずつ出たのみで、花道・センステ・バクステ一切無しという、非常にシンプルなセット。
 トロッコ移動を除けば、ホールの演出をそのままアリーナに引き伸ばしたような印象があり、ちょっと勿体ないなと思いました。全てがメインステのみで行われてしまうと、せっかくの凝った映像や演出も単調に見えるし、後方席のファンのテンションも上がらない。バクステやセンステを置く意味はやはり重要で、小さめでもいいからそこに360度型のステージを置けば、また違った見せ方も出来ただろうに、と感じました。

 昨年末の大阪ドームでのコンサートにも参加したのですが、それと今回のツアーを含め、ファンのテンションがかなり落ちているのを感じました。6人だったメンバーが1人減り、そしてまた1人減り、彼らは4人になった。分かりやすくKAT-TUN「らしさ」を体現していた、まさにその2人が脱退してしまったことで、グループとしてのカラーがぼやけているように見えます。
 もちろん4人になったKAT-TUNが新たな道を模索し、MCを勤める少年倶楽部プレミアムや、個々の活動で頑張っている姿は素晴らしいと思うけれど、ファンとしてはまだ4人になったことがどこか信じられないような、置いてきぼりをくらったような気持ちになってしまうのも否めません。

 そういう不安定な時期だからこそ、まさに基本に立ち返って、ファンひとりひとりと向き合う気持ちで、2年半ぶりのコンサートツアーを実施するべきではなかったのかな、と思います。もちろん、無駄を省いてシンプルなステージ構成にしたかったという本人たちの意思はわかるけど、今はもう、できるだけファンのところへ近づいて、1人でも多くのファンを担降りさせないよう、努力する時期だったように思います。
 MCで本人たちがしきりにファンのテンションの低さについて、煽りがてら話題にしていたけれど、彼らが言うように、昼の部だからテンションが低いというわけではなく、このステージ構成(会場に入ってみたらセンステも花道もバクステも無い!)のせいもあったのでは?と思います。やっぱりね、ジャニーズだから。アイドルだから。少しでも近くで、自担の顔を見たいと思う人は多いはずです。

 とはいえセトリのバランスの良さ、映像と光の巧みな使い方(特にHBBからBLACKの設定・流れが良い!)は相変わらず。こういうところは本当に巧いな、と感じました。
 いつも楽しみにしている上田ソロは、彼独特の世界観が更にパワーアップ。曲前のパフォーマンス、特に正面を向き、欲望を剥き出しにした禍々しい笑みに引き込まれました。表現の振り幅が大きく広がったことは、蜷川さんとの出会いも大きかったのではないかな、と。

 それにしても、2012年のCHAINコンの時も感じたことだけれど、KAT-TUNにはやはりドームがよく似合うと感じた横浜アリーナ公演でした。ドームを狭いと思わせてくれたのも、メンバーとの距離が近くて嬉しいはずのアリーナ(サンドーム福井だった)で「かつんはこの枠に収まり切らないんだよ!」と、もどかしさを感じたのもKAT-TUNが初めて。20年近くジャニヲタ続けてきて、経験したことのない感情です。
 今回はアリーナクラスの会場を回る全国ツアーを実施しているわけですが、再びドームという空間を欲しいままにする彼らの姿が、近々見れることを願ってやみません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

V6、デビュー19周年おめでとう!

a9ceb0c9088961b3acda5c7fd364dc93_19890.jpeg


☆゚+. V6、デビュー19周年おめでとう!゚ +.☆


 いつも沢山の幸せと萌えをありがとう。
 辛い時苦しい時はいつも、コンサートで貰った沢山の幸せを思い出し、彼らの歌や笑顔に励まされてきました。
 いつも書いていることだけど、ファンとして過ごした歳月と彼らとの思い出の積み重ねに比例して、昨日よりも今日、更にV6が大好きだと心から思います!

 飽き性の私が18年ファンを続けてこられたのも、常に進化するプロフェッショナル集団であり続ける彼らに魅了されているが故。6人6様の長所と得意分野を更に深化させて、これからも頑張ってほしいなと思います。

 そして、同じように相方にも感謝。
 Vコンではいつも沢山の幸せや昂奮、時にメンバーへの嫉妬wを共有してくれてありがとう。
 コンサートが終わって、日本全国の美味しいもの、美味しいお酒を楽しみながら、あれこれを振り返る時間は、私にとってかけがえのない幸せな時間です。
 先日は、20周年に向けた気持ちのベクトルが同じだったことにも感激しました。
 いつも思うことですが、あなたがいるからV担を続けてこれたなと、つくづく感じています。
 あやさん大好きだよ。そしてこれからもよろしくね!このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : V6
ジャンル : アイドル・芸能

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム