Tu Veux, Tu Veux Pas 2015年11月
FC2ブログ

紅白歌合戦、白組初司会に寄せて

井ノ原くん、紅白歌合戦白組の司会就任おめでとう!

 伝統ある国民的歌番組の司会を任せていただけることが本当に嬉しいです!!
 各方面、色々な方々から「紅白司会おめでとう」と言っていただいて、本当に大きなお仕事なんだなということを改めて痛感。
 先日のコンサートで、少しでも会話の間が空かないようにMCを回し続ける井ノ原くんのことを、准ちゃんが「生放送病だね」と少し気遣わしげに言っていたのが今でも心に残っていて…重圧もあると思うけど、大晦日は頑張っている姿を見届けます!

<関連記事まとめ>

【紅白】V6井ノ原、白組司会初挑戦 「メンバーも喜んでくれている」
 人気グループ・V6の井ノ原快彦が、NHKの大みそか恒例番組『第66回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45)の白組司会を務めることが26日、発表された。東京・渋谷のNHK放送センターで行われた会見に出席した井ノ原は「いつもと同じようにやろうと心がけていきます。お茶の間にアットホームな空気感を届けたい」と意気込みを語った。

 同局の朝の情報番組『あさイチ』(月~金 前8:15)での司会ぶりが好評なことから、たびたび予想記事でその名が挙がっていた井ノ原。「毎年その気にさせられていた」と笑いにし、今年もスポーツ紙で憶測記事が出た際に「本気にした岡田准一から『家でガッツポーズしました』というメールもらいました」。今回は正式決定を受けて「メンバーも20年一緒にやっているのに、『やったじゃん』って喜んでくれてうれしかった」と明かした。
http://www.oricon.co.jp/news/2062892/full/?ref_cd=tw


V6井ノ原快彦、紅白司会決定!岡田准一から祝福メール
 井ノ原は「紅白は特別な場所。できる限りお茶の間に届くようなアットホームな空気感を心がけたいなと思います」と意気込みを述べ、「去年、歌手として初出場させてもらって、後輩の嵐が司会として頑張っている後ろ姿を見ていて、こんな夢みたいな世界に僕も行くんだなという感動があります。V6のメンバーも応援してくれていますので、僕一人じゃないと思っています。先に報道で(司会が決まったと)出ていたんですけど、岡田准一が『今家でガッツポーズしましたって』ってメールをくれました」と裏話も明かした。
http://www.cinematoday.jp/page/N0078371


【NHK紅白】V6・岡田准一、井ノ原快彦を「誇りに思う」
 V6の岡田准一が29日、都内で行われた「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに参加し、メンバーの井ノ原快彦を「誇りに思う」と称賛した。
 司会者と出演歌手による面談が行われていることにより、井ノ原抜きで囲み取材に出席した面々。白組の司会を務める井ノ原について、岡田は「誇りに思いますし、イノッチのおかげで僕らもまたここに立てているという面もあると思うので、凄く感謝しています」と吐露。また、「イノッチの力になれるように(会場を)盛り上げていきたいと思います」と頼もしい一面ものぞかせた。
http://www.rbbtoday.com/article/2015/12/29/138312.html


V6岡田准一「お陰でここに立てる」イノッチのサポート誓う
 司会の井ノ原快彦(39)を除いたV6の5人が紅白への意気込みを語った。
 井ノ原は他の歌手と面談中。5人も井ノ原と面談を行い、三宅健(36)は「新鮮な感じでした」と語った。しかし長野博(43)は「一言聞いて、聞くことなくて困ってましたね」と苦笑い。また初司会について聞かれると「井ノ原は心配ないです」と全幅の信頼を寄せた。
 岡田准一(35)は国民的番組の司会を務めるメンバーに「誇りに思う。イノッチのお陰でここに立てるということもある。感謝してます。力になれるように盛り上げていけたら」と力をこめた。森田剛(36)も「誇らしいし、うれしく思う。白組のために6人頑張りたい」と抱負を述べた。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/29/kiji/K20151229011773030.html


岡田准一「井ノ原の紅白司会を誇りに思う」 V6メンバーはサポートを誓う
 「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京都内で行われ、「ザッツ!V6メドレー」をパフォーマンスするV6が登場した。
 リハーサル後には白組司会を務める井ノ原快彦を除く5人が報道陣の取材に応じた。井ノ原との面談について三宅健は「新鮮な感じだった」と振り返った。長野博は井ノ原の司会について「心配ないですね。でも井ノ原も僕らには一つ質問した後、何を聞いたらいいか困っていました」と笑わせた。
 岡田准一は「誇りに思います。イノッチのおかげで僕らがここに立てたというのもあると思うので、イノッチの力になれるよう盛り上げていければ」とサポートを誓い、報道陣とのやり取りがリズミカルに進まない場面では坂本昌行が「そうなんです、変な間ができるんです」と普段トークを回している井ノ原のありがたみを実感していた。
 今年1年を振り返る漢字一文字として、岡田は結成20年をファンから温かく応援してもらったことから「温」、森田剛は感謝の「感」、三宅はファンやメンバーとの「絆」、長野は激動の1年となったことで「動」とそれぞれ発表した。
 最後に坂本は「いろいろ考えたけど思いついたのがこれしかなくて、言うのが恥ずかしいけど…『愛』。ファンの皆さんをはじめ、たくさんの愛を頂いたので」と照れながら語った。
http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1030494


【紅白】V6井ノ原と岡田が肩組み仲良くリハーサル!
12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」の全体リハーサルが、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月30日(木)に行われ、出場2回目となるV6が「ザッツ!V6メドレー」を披露した。
12月29日に行われた囲み取材で、メンバーは紅白恒例の司会者面談で井ノ原快彦と対面したことを報告。白組司会の井ノ原について、岡田准一は「同じメンバーとしてうれしく思います。本当に誇らしい気持ちです」と激励した。
この日の全体リハーサルでは、V6はデビュー曲の「MUSIC FOR THE PEOPLE」を含むメドレーを披露。井ノ原と岡田がずっと肩を組みながら歌うなど仲の良い一面を見せつけた。
最後に井ノ原が1人前に出ておちゃめなポーズを決めると、それをメンバーがツッコむなど、会場が笑いに包まれリハーサルは終了した。
http://news.walkerplus.com/article/70297/ 



 そして嬉しいことに、慎吾もお祝いのコメントを寄せてくれました!
 よく「イノッチが仲良いのはマボじゃないの?」と聞かれることがあるのですが、昔は断然慎吾の方が仲良かったんだよ (´;ω;`)
 AKIRAグッズ集めたり、短編映画撮ったり、ジャニマガではいつも伝言し合ってて、まさに親友と呼ぶべき大切な存在でした。
 最近二人のエピソードを聞く機会もかなり減っていたので、今回のコメントが本当に嬉しくて・・・。


SMAP香取慎吾 紅白歌合戦白組司会V6井ノ原快彦とは幼なじみで「頑張ってと早く言いたい」
 人気5人組アイドルグループ『SMAP』の中居正広(43)、木村拓哉(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)が30日、東京・渋谷NHKホールで開催された『第66回NHK紅白歌合戦』リハーサルに登場した。
 通算23回目の出演となる『SMAP』。今年も『This is SMAP メドレー』とメドレーソングで紅白の舞台に臨む。リハーサル終了後に会見を開いた。
 ■以下、全文
 報道:今年の演出は音合せをしていかでしたか?
 草なぎ:戦後70周年なんで、それに合った演出になっているんじゃないかなと思います。歌もいい選曲になっているんじゃないかなと思います。
 報道:いいなと思うところは?
 香取:(岩手県)山田町と中継でつないでいただくのでのど自慢での力をあらためて感じていて、紅白で1つになれますね。
 報道:何か変化ありましたか?
 香取:歌の力を本当に知ることができたし、スペシャルMCという形で1年間やらせてもらったんですけど、これで紅白司会来ちゃうかなと思ったんですが、イノッチ(井ノ原快彦)でした。
 報道:井ノ原さんとはもう話をされたんですか?
 香取:まだ会えてないんです。
 報道:思いを伝えたいとかありますか?
 香取:子供のころによく一緒に遊んだりしてたので。イノッチに頑張ってと早く言いたいです。
 中居:相当仲良かったよね。
 香取:仲良かったです。イノッチの実家に行ったりして。
 報道:井ノ原さんが司会を務めるということはSMAPとしてはいかがですか?
 稲垣:井ノ原くんもそうですけど、長いですからね。TOKIOのみなさんもそうですし、後輩もそうですけど。日頃、井ノ原くんに関してはいろんな番組とか面識というか、爽やかでこっちもなんか見ててホッとできるというか。ご本人は緊張されていると思いますけど、僕ができることは考えていますけど、同じ仲間として力となれたら。盛り上げていきたいなと思っています。

 報道:中居さんから司会のときのアドバイスはありますか?
 中居:何もないです(笑)。イノッチってなんだっけなぁ。朝の番組というか、有働さんとNHKの歌番組でMCをやっていたと思うんですけど……。
 紅白スタッフ:思い出のメロディーでしょうか?
 中居:それ!それを定期的に何かやってましたよね。それを見てたんですよ。うまいなぁと思って、なんでできるんだろうと思っていたんですよね。やっぱり簡単なことではなさそうと思うんですけど、当時見ていたのは覚えています。誰かに習ったのか、教わったのかと思うくらい上手だったんで、紅白にかんしては有働さんも一緒ですから心配ないと思います。
http://www.sanspo.com/geino/news/20151231/joh15123105010002-n1.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

還暦祝いの箱根旅行

今年10月に私の母と分家の叔母が無事に還暦を迎えたことをお祝いして、母・叔母・従姉妹の女性4人で箱根に旅してきました。我が家の家族旅行と言えば、父と叔父(ここが実の兄弟)の車で移動するのが定番で、全ての道程を自家用車以外の乗り物で移動するのは、実はこれが初めて。宿泊先も、亡くなった祖父や、父と叔父の要望でいつも和風の温泉旅館だったため、母も叔母も「ぜひオーベルジュに泊まりたい」ということで、2人のリクエストを全面的に叶えたいと思い、今回のアイテナリーを作成しました。

hakone0.jpg
まずは新宿駅から、小田急の特急ロマンスカーへ乗車。お席は最後尾の最前列展望席2席×2列です。ロマンスカーはいつもこのお席にしていて、遮るもののない大きな窓から、景色を存分に楽しめます。

hakone1.jpg
早速東京駅で求めた駅弁を頂きました。(ハコガクのICカードケースも一緒にw)

hakone2.jpg
箱根湯本駅に到着。ここで登山電車に乗り換えです。

hakone3.jpg
登山電車の車内で、従姉妹と。

hakone4_5.jpg
登山電車の運転席のすぐ後ろから、進行方向へ進路を臨むの図。

箱根の火山活動活発化に伴い、当初強羅からオーベルジュまでタクシーで移動しようと思っていたのですが、早雲山(ロープウェイ発着駅)から姥子まで代行バスに乗れば、姥子から桃源台までは現時点でロープウェイが運行しているとのことで、そのままケーブルカーを経由して早雲山に行き、バスで姥子に向かい、そこからロープウェイに乗車しました。
姥子を過ぎると眼下に芦ノ湖が広がる景色はやはり美しく、短い区間でも復活してくれて本当に良かったです。

hakone4.jpg
ロープウェイ車内で、母と。

hakone5.jpg
桃源台駅から宿泊先のオーベルジュ・オー・ミラドーまで移動。パヴィヨン・ミラドーのお部屋からは、芦ノ湖の景色を楽しめます。

hakone6.jpg
山の稜線の間に沈む夕陽。

お夕食の前に温泉へ。平日だったためか他に宿泊されている方もあまり見えず、一人で広いお風呂を堪能しました。
さっぱりした後は支度を整えて、お待ちかねの夕食へ。

hakone7.jpg
アミューズ・ブーシュ:黒オリーブのフィナンシェが美味しかったです。

hakone8.jpg
アントレ1皿目

hakone9.jpg
アントレ2皿目:フォアグラのミルフィーユ仕立て

hakone10.jpg
ポワソン:真鯛と松茸。香りを堪能しました

hakone11.jpg
ヴィアンドゥ:金華豚。手前にある脂の甘味が美味しかったです

hakone12.jpg
葡萄のソルベ

hakone14.jpg
還暦のお祝いプレートをご用意して下さいました。母と叔母。

hakone13.jpg
珈琲と小菓子。母はいつもハーブティー。

いつも美味しいお食事をいただくと、「そのまま穴を掘って眠ってしまいたい…」と思うのですが、オーベルジュはまさにその欲望を叶えてくれるところ。割とお料理の出てくるタイミングがタイトで、お料理に合わせてグラスワインを何種類か出していただいたため、おかげ様で?お部屋に戻ってそのままぐっすりしてしまいました…。幸せ…。

hakone16.jpg
翌朝早くに目を覚ますと、芦ノ湖に霧がかかっていて、幻想的な雰囲気に思わず目を奪われました。
その後朝風呂を頂いてから、バルコニーで心地よい風に当りながら色々な妄想(主に箱根学園…w)をしつつ、朝食のお席へ。

hakone15.jpg
パンは、バゲット・フォカッチャ・クロワッサン・マフィン・デニッシュの5種類と、自家製ジャム、(恐らくエシレの)バター、蕪のスープ、海老のフラン、シリアル、ヨーグルト、温泉卵、サラダ。いずれも美味しく、朝からお腹いっぱいいただいてしまいました。

チェックアウトが11時なので、時間に追われることもなく、普段忙しくしている母も叔母にもゆっくりしてもらえて良かったです。
ホテルの前で4人でお写真を撮ってもらってから、桃源台の海賊船乗り場へ。

hakone17.jpg
雲一つない晴天で、富士山も綺麗に見えました。

hakone18.jpg

hakone19.jpg
箱根神社の鳥居。

芦ノ湖を横断しながら、この湖に突如現れたというロシア軍艦のミステリアスなストーリーを描いた、御手洗潔の『ロシア幽霊軍艦事件』を思い出しました。

元箱根港についてからは、湖のほとりを歩きながら、箱根神社にお参り。
そこから今度は芦ノ湖遊覧船(こちらは西武系の少し小さなお船)の乗り場まで戻り、箱根園に移動して、色々とおみやげを物色してから、バスで小田原駅に移動し、東京駅まで新幹線で戻りました。
(この道程が、ちょうど『弱虫ペダル』のインターハイ1年目のコースを逆走していたため、ペダル好きの私は、バスの車窓から勝手に聖地巡礼を決行w その模様はこちらの記事にて)

箱根は首都圏に住んでいる人間にとって、伊豆と並んで一番身近で親しみのある温泉保養地という印象があり、ロマンスカーや登山電車、ケーブルカーにロープウェイ、大きな海賊船と、移動の道程も楽しめる土地です。おかげ様で2日間とも雲一つない晴天に恵まれ、亡くなった祖父が、義娘と孫娘4人を見守ってくれていたような気がしました。
いつも忙しくしている母と叔母が、とても楽しんでくれた様子が伝わってきて、本当に良かったです。
またこういった機会を作って、女4人旅ができたらいいなと思います。このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

弱虫ペダル・聖地巡礼の旅@箱根

母と叔母の還暦祝いの旅行先として半年以上前から箱根を選んでいたのですが、9月から『弱虫ペダル』にハマった今、聖地巡礼をしないでどうする!ということで、私の心の中で勝手に聖地巡礼をしてまいりました。

IHrout.gif
参考にさせていただいたのが、こちらのGoogleマップ

IMG_3695.jpg
旅行1日目は、新宿駅からロマンスカーの最後列展望席で箱根湯本へ出発。
途中秦野を通りながら、ヤビツ峠で練習をしていた(サイクルモード2015での、渡辺航先生発言)という福ちゃんと隼人くんに思いを馳せつつ…箱根湯本駅に到着!

IMG_3697.jpg
m9(ㅍ▽ㅍ)✧<箱根は箱根学園の地元だ!!知りつくしてる!!

ここからは登山電車とケーブルカーを乗り継いで早雲山へ。噴火の警戒レベルも下がっていたため、早雲山から姥子まで代行バスに乗り、姥子からは復活したロープウェイで桃源台に着き、ホテルへ向かいました。(普通の旅行記は別途うpします)

IMG_3758.jpg
翌朝6時、ホテルの窓から臨む芦ノ湖。霧がかかっていてとても幻想的…山神様が降臨されているかのようです。
 
チェックアウト後、桃源台から海賊船で元箱根町に降り立ち、箱根神社に向かう道から勝手に聖地巡礼スタート。
まずは1日目のレースの最後、山下りが終わって平地に降り立った地点。荒北くんが鬼っ引きして、今泉くんと戦っていたところです。
IMG_3777.jpg

(ここから箱根神社→箱根園と巡り、箱根園から小田原駅までバスで移動。その1時間10分ほどの移動経路がイコール、インターハイのルートとなっていたため、私一人大興奮! 母も叔母も従姉妹もバスの中でスヤスヤzzz)

IMG_3804.jpg
国道1号線最高地点。言うまでもなく、尽八様と巻ちゃんが戦った、山岳リザルトの地点です。

IMG_3806.jpg

IMG_3809.jpg
勝負を諦めた巻ちゃんを置いて、尽八様が一人飛び出した、大平台カーブ。我が家では「準備しとけよバカヤロウ!カーブ」と呼んでいますw

IMG_3813.jpg

IMG_3811.jpg
巻ちゃんが坂道くんのことを「いなくなっちまったモンはしょうがねェだろ!」と言う、函嶺洞門。今は工事中のため、すぐ傍にできた新道を通ります。

IMG_3814.jpg
インターハイ前のレギュラー選抜テストで、真波とユキちゃんがレースをした折り返し地点である、湯本大橋。

IMG_3815.jpg

IMG_3820.jpg


この『弱虫ペダル TVアニメ公式ファンブック』にフルカラーで収録されている『山神パーティー』が行われた、MAZDAターンパイク箱根。
尽八様がお父様(箱根温泉会会長!)に頼んで封鎖してもらったこの有料道路で、山神の称号を受け継ぐためのレースを開催し、真波と坂道くんを招待したところです。地上から眺めると、かなり標高が高いところに道路があるのが分かります。そりゃ冬は雪で通行止めになるわけだ。
余談ですが、山神パーティーで尽八様がお召しになっている白いダッフルコート姿が大好きです…ありがとう航先生…白いダッフルは神衣装だよ…ダッフル男子万歳…!!


ちなみに、山神パーティーを基にしたこちらのMMD作品、何度拝見しても泣いています。映像とデザインの美しさとセンスの素晴らしさはもちろん、最後に尽八様が浮かべる表情を見ると、堪りません(´;ω;`)

おかげでここを通るとき、ずっと『好き!雪!本気マジック』がグルグルしていました。

IMG_3821.jpg
坂道くんが落車した、小田原市民会館前。実際90度曲がるので、視界も悪く走りづらかったと思います。

IMG_3822.jpg
小田原駅に到着! ここから新幹線に乗って、劇場版のレース舞台である九州にまで行ったのかな~。(のぞみだったので、名古屋で乗り換えたに違いない)

実際バスで同じルートを辿って感じたのは、クライマーは想像以上に過酷である!ということ。
コミックスやアニメでは、陽光降り注ぐ綺麗な道を走っていましたが、実際は木が生い茂り、昼間でも薄暗い。つづら折りのヘアピンカーブが幾重にも続き、行き交う車も徐行運転せざるを得ないほどです。もちろん、歩道もほぼ場所が取れない状況。確かに、箱根駅伝の5区で同じ道を通るとき、道が薄暗かったよな…と感じた事を思い出しました。
そして何といっても、道の傾斜がすごい! まさに「箱根の山は天下の嶮」と謡われるだけのことはあるなと…。そしてその傾斜をものともせずに登っていく尽八様や巻ちゃんはじめ、クライマーの皆さんのタフさと精神力の強さを実感したと同時に、最高地点からヘルメットをガードレールにぶつけながら、凄まじい速さで福ちゃんを引いて山下りをした荒北くんも凄いなと思いました。ガードレールや柵すらない箇所もあり、一歩間違えれば落車、しかも大怪我を免れないようなカーブばかりです。実際このルートをロードバイクで移動されている方も車窓から見えたのですが、無事を願わずにはいられない気持ちでした。

そんなわけで、思いがけぬ聖地巡礼が叶って、本当に楽しい帰路でした! 今度は小田原駅から元箱根まで、インターハイの順路をそのまま辿った旅を計画できたらなあと思った次第です。このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 週刊少年チャンピオン全般
ジャンル : アニメ・コミック

サイクルモード2015

 幕張メッセで開催された国内最大の自転車フェス、『CYCLE MODE 2015』に行ってきました。

 お目当ては『弱虫ペダル』原作者・渡辺航先生のトークショー。噂には聞いていましたが、リクエストに応えてキャラの決めポーズをしたり、ニコニコ笑顔で両手お手ふりしてくださったり、すごく可愛い方でした♡

cycle1.jpg

cycle4.jpg

cycle5.jpg

cycle6.jpg

 トークは、8月に公開された劇場版の裏話をメインに、ホワイトボードにキャラをその場で描いてくださったり(それが早い!)いくつか質問に答える形式。小さいイベントブースだったので、とにかく人が溢れかえっていました。

 トークショーが終わってからは、各ブースに立ち寄りました。『弱虫ペダル』で、私の好きなキャラ(新開隼人くんと東堂尽八さま)が乗っているロードを近くで眺めたり、ツール・ド・フランスで優勝したイギリスのSKYチームのロードとジャガーを撮影したり。

【cervéloブース】
隼人くんのcervéloは、黒と赤を基調にしていることもあって、ひたすらかっこよかった…

cervelo.jpg

IMG_3884.jpg

IMG_3841_2015111315474506b.jpg

IMG_3837.jpg


【RIDLEYブース】
RIDLEYは何かもう、神々しささえ感じました…

IMG_3886.jpg

IMG_38991.jpg
山岳賞のロード。尽八様がこれに乗ってたら可愛いw

IMG_3875.jpg

IMG_3872.jpg


【LOOKブース】
cycle8.jpg

cycle12.jpg
女性には、クリアファイルのサービスも♡


【KEEP LEFTキャンペーンブース】
IMG_3845.jpg

IMG_3844.jpg

IMG_3846.jpg

IMG_3878.jpg
こちら、拡大して頂けると分かるのですが、隼人くんのロードのフレームすぐ上に、cervéloのCEOのサインが入っているのです。まさに二次元と三次元の融合的な…! 隼人くんが知ったら「ヒュウ!」とか言いそうだ。

 普段二次元の世界でしか触れたことがないロードバイクやヘルメット、グローブやシューズなどを実際自分の目で確かめることができて、有意義かつ楽しい1日でした(*´∀`*)このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 週刊少年チャンピオン全般
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム