Tu Veux, Tu Veux Pas 2017年12月
FC2ブログ

2017年あれこれ。

 2017年の現場の記録は別記事のとおりですが、今年はプライベートでも色々とありました。
 やはり大殺界だったのだな、と思い当たることもいくつか。(ちなみに前回の大殺界では、大好きな祖父が亡くなりました)
 第一に母の体調が悪化し、入退院を繰り返したこと。うちの父は小さい頃から使用人に囲まれて育ってきたせいで、自分の身の回りのことが一切なにもできません。お財布を持ったことがないので、もちろん一人で買い物をしたことがなく、電車にも乗ったことがなく、外食といえば鰻かお寿司のみ、という人で、母が家を空けている間、父の食事の世話には本当に気を遣いました。私の食事だけなら何とでもなるのですが、父はコンビニのお弁当はもちろん、出来合いのお惣菜の類も一切口にしません。母が日々どれだけ心を砕いているか改めて知ることができ、そういう意味ではよい機会だったのかなと思っています。おかげで、それまで台所に立ったことのない私も少しですが料理をするようになり、もともと一人暮らし歴が長かったパートナーに助けてもらいながら、何とか母不在の日々を乗り切ることができました。
 万が一のことも考え、財務のこと(銀行関係、不動産等)も教わりました。他にも色々と引き継がなければならないことも多いのですが、母だけが知っている事柄が多岐にわたっていて、悩ましいところです。私の代になったらすべて税理士さんにお任せしたい…。

 そして一緒に暮らしている愛猫が、夏ごろ肝炎を患い、体調を崩しました。暑い中部屋に残しておくのが可哀そうで、冷房をつけっぱなし(29度設定)にして仕事に出かけていたことが原因でした。もともと野良で、とても食欲が旺盛だった子が、まったく食事に手を付けようとしない。そして車の免許を持たない私が、バスで行けるところにあるからと、以前とは違う動物病院に連れて行ったところ、獣医師の触診により腸壁が傷つき、ひどい色の分泌物を垂れ流すようになりました。妥協してしまった自分を猛省し、タクシーでいつもの動物病院に通い、信頼のおける先生に診ていただいたところ、病気も快方に向かい、今では元気になりました。

 そして私自身も節目の年齢を迎え、体調の変化が色々とありました。
 まず、食事の好みが変わりました。行きつけのフレンチレストランでよく頂いていた羊肉が一切食べられなくなりました。こちらで出していただく羊はとても状態のいいお肉なので、頂きながら全く臭みなどは感じないのですが、消化機能が衰えたのか、翌日のもたれが辛くなってしまって。
 そして牛肉の脂身。さしの入ったいわゆる霜降り肉を食べると、胃が受け付けず、戻してしまうほど。今は焼肉に行っても、常に赤身だけをいただくようにしています。

 その代わり食べられるようになった食材もあり、その代表がお茄子。これは先述のとおり自炊を余儀なくされた際、父のことを心配したお友達の皆様がさまざまな食材を自宅に届けてくださったとき、夏野菜の旬のものとして大量にお茄子をくださったことがきっかけでした。レシピを検索し、「これはもしかしたら、ズッキーニの感覚で使えばいいのでは?」と思い立ち、いろいろとアレンジしてみたところ、驚くほど美味しい! 今では大好きなお野菜になり、それを聞きつけたシェフがお誕生日のメニューにも取り入れてくださるほどになりました。

 何より、体力の低下を感じています。8月上旬に名古屋遠征に行ったのですが、首都圏の暑さとはまた違う、異様な熱気の籠った名古屋の暑さにすっかり参ってしまいました。内に籠る暑さというか、スチームサウナに入っているかのような息苦しさ。どんなに水分をとっても日傘で日よけをしても、身体を取り巻く熱の層にやられ、体調を崩し、もう二度と夏の遠征はしたくないと思いました…。
 5月下旬の非常に暑かった日、うたプリLIVE@西武ドームで先の見えない入場引き換えリストバンドの大行列に並んだ際に熱中症で倒れてしまい、同行の方にご迷惑をおかけしたのも身に染みて反省した出来事のひとつで、やはり自分の体調管理をしっかりできる状況で趣味事を楽しまなければならないと痛感したので、今後は少々外出も控えようと思っています。

 それから昨年に続き、今年も断捨離をいたしました。整理整頓し、廃棄しながら思うことは、とにかくもう人生半分も終わったのだから、余計なものは増やしたくない、ということ。おかげで物欲も殆ど無くなり、そのぶんを旅行や外食等のコト消費に使いたいな、と考えています。
 自分の意志で、身体を自由に動かすことのできる時間を考えれば、実質人生はあと20年くらいしか残っていないかもしれません。振り返れば、20代のうちにたくさん海外旅行に行けて良かったなと思いますし、もっとコンサートに行けば良かった、行きたいという思いもあります。残りの半生は、なるべく『後悔』を減らしながら、身の丈に合った範囲で、充実した日々を過ごしていけたらなと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2017年現場を振り返って

 2017年年末ということで、毎年恒例、参加した現場をリストアップしてみました。(リンクが貼ってあるイベントは、当blogでレポを書いたものです)

01/13 関ジャニ’sエイターテインメント@大阪ドーム
01/14 関ジャニ’sエイターテインメント@大阪ドーム
01/24 戸惑いの惑星(20th Century)@東京グローブ座
02/02 戸惑いの惑星(20th Century)@東京グローブ座
02/12 DIABOLIK LOVERSイベント 昼の部・夜の部@アンフィシアター
02/19 ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けないイベント 昼の部@豊洲ピット
03/05 銀魂華祭り@両国国技館
03/12 QUARTET NIGHTシネマライブ@幕張シネプレックス
03/18 黒子のバスケLAST GAME初日舞台挨拶ライブビューイング@京成ローザ
03/19 ハイ☆スピード!イベント@両国国技館
03/26 三月歌舞伎『伊賀越道中双六』@国立劇場
04/02 DRIFTERSイベント@アンフィシアター
04/02 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズイベント@中野サンプラザ
04/07 有頂天家族2先行上映会&トークショー@TOHOシネマズ六本木
04/16 はんだくんイベント 昼の部@板橋区立文化会館大ホール
04/20 黒子のバスケLAST GAME応援上映@シネマサンシャイン池袋
04/30 劇場版Free! Timeless Medley舞台挨拶ライブビューイング@京成ローザ
05/14 COMCHA FES 2017@日比谷野音
05/20 BLAME!初日舞台挨拶@新宿ピカデリー
05/27 うたの☆プリンスさまっ♪MAJI LOVE LIVE 6TH STAGE@西武ドーム
05/28 うたの☆プリンスさまっ♪MAJI LOVE LIVE 6TH STAGE@西武ドーム
06/17 最遊記トークショー@TOHOシネマズ六本木
06/20 サクラダリセット 舞台挨拶つき先行上映会@新宿バルト9
06/25 君が人生の時@新国立劇場中劇場
07/02 舟を編む 朗読会@イイノホール
07/08 髑髏城の七人~鳥~@ステージアラウンド豊洲
08/05 関ジャニ’sエイターテインメント 2017 ジャム@ナゴヤドーム
08/06 関ジャニ’sエイターテインメント 2017 ジャム@ナゴヤドーム
08/11 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM@横浜アリーナ
08/12 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@名古屋レインボーホール
09/09 西遊記初日舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木
09/16 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@仙台グランディ
09/17 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@仙台グランディ
09/30 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@札幌きたえーる
10/01 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@札幌きたえーる
10/06 おそ松さんイベントライブビューイング@シネプレックス幕張
10/08 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@横浜アリーナ
10/09 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@横浜アリーナ
10/15 有頂天家族イベント 昼の部・夜の部@日本工学院蒲田キャンパス
10/18 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@横浜アリーナ
10/20 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@静岡エコパアリーナ
10/21 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@静岡エコパアリーナ
10/22 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”@静岡エコパアリーナ
10/26 声優に死す@全労済ホールスペースゼロ
11/04 レディ・ベス@帝国劇場
11/17 うたの☆プリンスさまっ♪MAJI LOVE LIVE 6TH STAGEシネマライブ@京成ローザ
11/25 すべての四月のために@東京芸術劇場プレイハウス
12/24 P.S.しゃべります。孝宏 Vol.16@星稜会館

 今年はやはり、アニメ関連のイベントがだいぶ増え、観劇回数が激減したのが特徴でしょうか。アニメのイベントは、殆ど声優・櫻井孝宏さんがご出演されている作品ばかりなのですが、その中でも朗読や生アフレコの際に、演技を拝見できる時間が特に楽しみです。元々観劇が好きだった私がここまで声優さんというジャンルにはまったのも、声や息遣いだけで登場人物の心情を豊かに表現する事の素晴らしさを、櫻井さんを通じて知ったからだと思います。

 それから、関ジャニ∞に関しては以前も少し触れていたのですが、本年以降の参戦回数を大幅に減らしました。夏のツアーの内容が自分的に腑に落ちず、少し前にTwitterでバズっていた

という言葉が胸に沁みております。こういった娯楽に割けるお金も無限ではありませんから、その分もっと興味を持てることに割り当てたいな、と思う次第。

 そして今年に入ってから、映画やイベントでライブビューイングが開催される率が上がってきたな、という印象。特に映画は初日・2日目の動員が大切なわけで、配給側はこういったイベントの開催によって初日の収入が稼げる。興行側もお客さんが入って、飲食などのサブ収入もアップする。もちろん観る側にとっては、なかなかチケットが取れない作品でもライビュならかなりスムーズに入手できるのはうれしい。三方みなハッピーというわけです。
 どうせ映画館に足を運ぶなら、少しプラスアルファの金額を払っても舞台挨拶が観れたら楽しいかも、という感覚にもなりますし、人気の役者さんが登壇される作品なら一層こういった取り組みが進むのではないかなと思います。

 改めまして、今年最も心に残った現場ベスト3は…

同率第3位 舞台『すべての四月のために』
(作・演出:鄭義信、出演:森田剛、麻実れい、臼田あさ美、西田尚美、他)
物語の根底にある太平洋戦争の暗く重い影を、コミカルな歌や動きでオブラートに包むように表現し、春を信じて待つ人々の強さと明るさが受け手に希望を与えてくれる佳作でした。

同率第3位 三月歌舞伎『伊賀越道中双六』@国立劇場
(出演:中村吉右衛門、中村歌六、中村又五郎、尾上菊之助、中村錦之助、中村雀右衛門、中村東蔵、他)
歌舞伎で初めて読売演劇大賞最優秀賞を獲った作品でしたが、仇討ちにまつわる哀しみや犠牲、愛が情感たっぷりに描かれて、4時間半があっという間でした。

第2位 『舟を編む』朗読劇
(原作:三浦しをん、出演:櫻井孝宏、神谷浩史、坂本真綾、日笠陽子)
ピアノの生伴奏付きで「音読」をテーマにした朗読劇。馬締が香具矢の為に音読した宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』の一節(夜空の星を結婚指環になぞらえ)「あの光の環を受け取って下さい。僕のまごころです」の、馬締の声の温かさと櫻井さんの演技、この一節を選んだ作家さんのセンスに感動して、涙が止まりませんでした。朗読劇の会話以外の部分(地の文)は神谷さんが担当されていたのだけれど、こちらも本当に上手くて、とにかく「良い作品を聴かせて頂いた」という感謝と感動しかない。耳福すぎました。

第1位 V6 LIVE TOUR 2017 “The ONES”
2017年最大のトピックといえば、やはり何物にも代えがたい大好きなV6のコンサートが開催されたことです。今回は新しいご縁にも恵まれたことも嬉しい思い出。
レポなどは、こちら(初見時)と、こちら(仙台)と、こちら(総括)

 今年は遠征の道中がちょっとしんどかったり、翌日以降に疲れが長引いたりしたので、2018年も体調管理に気を付けながら、「行きたい!」と思った現場には足を運べるようにしたいと思います。また素敵な瞬間に巡り会えますように!
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017年クリスマスイブの僥倖

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべての四月のために』観劇

IMG_3330.jpg

東京芸術劇場プレイハウスにて、鄭義信 さん作・演出『すべての四月のために』を観劇。
物語の根底にある太平洋戦争の暗く重い影を、コミカルな歌や動きでオブラートに包むように表現し、春を信じて待つ人々の強さと明るさが受け手に希望を与えてくれる佳作でした。

それぞれ心に哀しみや不安を抱えながらも、笑顔で『丘を越えて』を歌う場面は特に印象的。

主演の森田剛 さんは、以前ご出演された作品のように分かりやすく巧さに唸った、という感じではなく、今回は今までに無いシンプルさとコミカルさの中に、計算された繊細な感情表現が見えて、また新たな魅力が加わり、いい役者さんになったな、としみじみ。

ターコ様が森田剛 さんの肩に顎を乗せて後ろから覗き込んだり、カテコでもお手手繋いで楽しそうにぶんぶん振り回したりと、2人ともめちゃめちゃ可愛らしかったです。思えば『鉈切り丸』で共演なさっていたのでした!

IMG_3331.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017年お誕生日ディナー

2017年のお誕生日も、タテルヨシノビズさんにお伺いしました。
コースは、リゾットとキャラメルを事前に希望させていただいた以外、すべてお任せです。

IMG_3313.jpg 

IMG_3314.jpg

IMG_3315.jpg

❃カニのポシェ
❃エスカルゴとキノコのヴォロヴァン
❃セップ茸と雲丹のリゾット
❃アンコウのロースト トリュフソース 茄子を添えて
❃シャラン産鴨のロティ ジロール茸とエクルヴィスを添えて
❃キャラメルのサントノーレ

素晴らしいお料理🍴とそれを引き立てるワイン🍷
大好きなキャラメルのサントノーレ✨
至福のひと時でした。ありがとうございました💕

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東京のグルメ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム