Tu Veux, Tu Veux Pas 2018年06月
FC2ブログ

『モーツァルト!』観劇

観たいなと思いつつ、機会を逃しまくっていた『モーツァルト!』を、ようやく観劇してまいりましたので、その感想など。

Dg1DZ1LV4AA2qIz.jpg

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

<キャスト>
ヴォルフガング・モーツァルト: 山崎育三郎/古川雄大(Wキャスト)
コンスタンツェ(モーツァルトの妻): 平野綾/生田絵梨花/木下晴香(トリプルキャスト)
ナンネール(モーツァルトの姉):和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人: 涼風真世/香寿たつき(Wキャスト)
コロレド大司教:山口祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父):市村正親


Dg1DcpGUEAEyZl4.jpg

*観劇当日のキャストは、山崎育三郎さん・生田絵梨花さん・涼風真世さん

ストーリーを通して、「神童」と讃えられた頃の幼いヴォルフガング(アマデ)が、大人になったヴォルフガングに常につきまとい、「生涯、『天才』『神童』と呼ばれたころの自分自身の影から逃げられず、常にプレッシャーの中にいる」ことが伝わってきます。
左・右・上からステージを取り囲むように設えられた五線譜の可動枠(LED付)は、時にヴォルフガングの幸せを明るく、賑やかに照らし、時に未来への可能性を狭め、精神的に圧迫し(枠が左右から近づき、閉じられる)、五線譜=音楽が人生に多大なる影響を与えていることを感じさせてくれます。

ヴォルフガングがただ一人、デニムやレザーなどの現代的な生地で作られたお衣装を着ていたのも、その時代において世間とかけ離れた天才的な感覚、前衛的なセンスを持つ異質な存在だった、ということを意味しているのかな、と思いました。(コンスタンツェも、はじめはTシャツやチェック柄等の洋服を着ていた=ヴォルフガングと同じ感覚でいたけれど、ヴォルフガングが名声を得、彼の心とすれ違いが起こるようになってからは、周囲と同じクラシカルなドレス姿になっていった)

モーツァルト本人の葛藤と、天才を家族に持つことへの苦悩は、役者さん達の演技はもちろん、こうした演出からも伝わってきたのですが、その時代の政治的・経済的・文化的背景があまり深く描かれていないせいか、ストーリーがただ淡々と流れて行ってしまったような気がして(私が音楽史などに明るくないせいももちろんあるのですが)ほんやりとした印象が残りました。
結局、なぜだか無性に『エリザベート』が恋しくなって、家で歌ってしまったというオチ。
それからただシンプルに、もっとモーツァルト自身の曲が聴きたかったなー、といったところ。

山崎さんは、はじめて主演されているお役を拝見したのですが、華があって歌ももちろんお上手で、またぜひ作品を観てみたいなと思いました。乃木ヲタ&生生星担の端くれとして、いくちゃんのお声はもともと大好きなのですが、もっともっと勉強して本格的なミュージカルにまたチャレンジして欲しいです。そしてナンネールがたっちんなのを知らなかったので、私得でした♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

【WC2018】前回王者ドイツの一次リーグ敗退

久々のサッカーカテゴリblogが、こんな悲しいことになってしまいました。
ドイツが、2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会において、史上初の一次リーグ敗退という結末を迎えました。

初戦のメキシコに●0-1で敗れ、メンバーを入れ替えたスウェーデン戦ではロスタイム+5分の劇的なゴールで〇2-1の勝利、そして3戦目の韓国に●0-2という結果。

2014年のワールドカップ・ブラジル大会で優勝を手にしたドイツ。
いちど優勝すると、「また同じメンバーで」という安心感を求めてしまうのは十分分かるけど、4年が経過し、選手も戦術も劣化していく中、勝ち続けることはとても難しい。優勝した時点で、本当は監督も含めて大幅な入れ替えが必要だったのではないかな…と思いました。予選全勝という結果も慢心を生むものでしかなかったような。

ドイツの敗戦について、試合後NHKの番組に出演した森岡隆三氏が「優勝したチームはトレンドとなり、戦術や選手について世界中の関係者から徹底的に分析される」とコメントしていたけれど、メキシコも韓国もよく研究してきてるなと感心したものです。

ノイヤー・フンメルス・ボアテング・ケディラ・エジル・ミュラー・ドラクスラー・クロース・ロイス…今大会のドイツのスタメン、殆どが4年前と一緒だもの。特に、前線の代わり映えのなさと言ったら!
今更言っても詮無いことですが、2017-2018シーズン、プレミアシップで32試合に出場し、10ゴール15アシストを決め、PFA最優秀若手選手賞を受賞したサネが代表入りしてないって、ほんとどうなっちゃってるんだよ。

ウィングのポジションはミュラーとロイスという形でうまくいっている。加えてドラクスラーがコンフェデ杯でいいプレーをみせており、大きな戦力となった。

とレーヴたんは言ったけれど、それならマリオ・ゴメス外してサネ入れようよ!?

そして「韓国に負けるとは思わなかった」という、試合後のレーヴたんのコメントにも大いに失望しました。驕り以外の何物でもない!!!

EURO2004での一次リーグ敗退後に生まれ変わり、U-21・EURO2009で優勝したメンバーが台頭した2010年から数年間のドイツは本当に強くて、モダンで美しいプレースタイルを誇るチームだった。その後輩にあたる世代からも新たな才能がどんどん生まれ、代表にも抜擢されていき、しばらくドイツの黄金時代が続くと思っていた矢先、ワールドカップ優勝という頂点へ辿り着いたチームと指揮官、スタッフは、過去の栄光の上にあぐらをかき、優勝時のメンバーを使い続け、進化せず守りに入ったことで、こんな惨めな結末を迎えてしまったことが本当に悲しい。

とりあえず悲しすぎるので、自分で作ったモーメントでも眺めることにします。
この2人をマンシャフトで観れるのも、今大会が最後になるだろうな…。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

六月大歌舞伎・夜の部(2018年)

六月大歌舞伎・夜の部を見物してまいりましたので、その感想など。

団七九郎兵衛:吉右衛門
お辰:雀右衛門
一寸徳兵衛:錦之助
お梶:菊之助
下剃三吉:松江
玉島磯之丞:種之助
傾城琴浦:米吉
団七伜市松:寺嶋和史
大鳥佐賀右衛門:吉之丞
三河屋義平次:橘三郎
堤藤内:桂三
釣船三婦:歌六
おつぎ:東 蔵


DgiZHu9U8AEebeq.jpg

『夏祭浪花鑑』は、2008年6月にコクーン歌舞伎で拝見した勘三郎さんバージョン以来となります。あの時、舅を殺した後、団七が通路を花道替わりに最後列まで駆け抜けていき、絨毯敷きの通路にクッキリと勘三郎さんの泥の足跡がついていたのを懐かしく思い出しました。

今回はとにかく、中村吉右衛門さんとそのお孫さん・じゅふたんこと寺嶋和史くん、そして娘婿の尾上菊之助さんが共演されるということで、楽しみにまいりました。
『鳥居前』の場面では、倅役のじゅふたん(和史くん)との再会に、破顔して「会いたかった」と言う吉右衛門さんの表情がこの上なく幸せそうで、もらい泣き。
吉右衛門おじいちゃまの大きな背中にしがみつき、おんぶされるじゅふたんの可愛さと、傍で見守る菊之助お母様(お父様。ややこしいw)の美しさが眼福で、3人揃っての家族団らんにほっこり。(そしてこのほっこりがあるからこそ、後の舅殺しの凄惨さが際立つわけですが)

床几に腰かけたじゅふたんは、おみ足をきちんと揃えていて、大きな声で台詞も言えて、本当に可愛かったなあ。おじいちゃまとお揃い、揚羽蝶の浴衣がとってもお似合いでした。きっともう少したったら揚羽蝶の柄は着られなくなってしまうから、今のうちのお楽しみと申しましょうか。
じゅふたんの舞台は3月の国立劇場も拝見したけれど、次の舞台がまた楽しみです。

『三婦内』での歌六さんと東蔵さんの円熟味ある夫婦のやり取りと、種之助さん&米吉さんの初々しいカップルのイチャイチャが好対照で、どちらもとてもいい感じ。雀右衛門さんのお辰は、「ここでござんす」の言い方がきりっとした中にも柔らかみがあって、「三婦さんもそりゃ磯様と二人にはできないよなあ」と思わず同情してしまうほどのあだっぽさ。

『長町裏』での舅殺しの場面は、本泥水を使ったケレン味はもちろんなのですが、それ以上に立ち回りの形の美しさと、舅殺しに至るまでの団七の葛藤、強欲な義平次の醜さ、殺しの場に神輿が近づいてくるハラハラ感、暗い場内に映える赤い褌と刺青の色彩の美しさを存分に堪能させていただきました。

Dgiag_HUwAEeN8c.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

12年に一度の「コウウンキ」

2017年10月10日に、幸運の星と呼ばれる木星が蠍座入りをしたことで、ここ半年ほど、ほとんどの星占いの記事に「蠍座さんは12年に一度の幸運期です!」と書かれている。
しかし、私が蠍座の終わり、ほぼ射手座との境目に生まれているせいか、この「幸運期」とやらの実感は、6月現在ほとんど感じられない。

「幸運期」って何なのだろう。
ふと考えたとき、2018年になってから、今まで忙しさにかまけて放っていた、または見逃していた病気のタネが、身体のあちこちに見つかったことを思い出した。いずれも初期症状で、経過観察だったり、軽めの治療を行って対応したわけだが、もしかしたらこれが「幸運期」なのではないか、と思ったのだ。
2018年に見つからなければ、見つけようとしなければ、どんどん症状が進んでいたであろう、いくつかの病気。ここで発見できたことで、深刻な病状にならずにすんだことが、「幸運」だったのではないかと。後から振り返れば、そう思うのだろうか。

2017年11月に40歳を迎えた時、「これで人生が半分終わったのだな」という、虚無とも諦観とも異なる、なんともいえない思いが胸に押し寄せたことは記憶に新しい。
2018年に入って、人生観を変えるような大きな出会いがあった。それは自分の人生において、ターニングポイントともいえる出会いだった。反省点ばかりの半生をこわごわ振り返るにあたり、そっと背中に手を添えて一緒に見守ってくれるようなあたたかさ。そしてこれからの半生に向かって、背中を押してくれるような力強さ。その二つを兼ねそなえた存在である人との出会いも、きっと「幸運期」に得ることのできたものなのだろう。

少しずつ、少しずつ、ホロスコープを勉強していく中で、自分自身を見つめることがとても多くなった。
怖くて今まで目を背けていたもの、視ないようにしていたものと、向き合う勇気をもらった。
そしてただシンプルに、愛する人といつまでも幸せに暮らしていけたらいいな、という願いだけが、ここにある。
そのために、ときどきは星の叡智を拝借しながら、目的意識を持って残りの半生を頑張っていけたらいいな。
(先述のとおり、私はほぼ射手座との境目に生まれた蠍座のせいか、どちらかというと「自分がこれぞ!と思ったものと一体化する」というよりは、「成長なくして生きる意味なし」の方が、直感的に合っているような気がしなくもないのだが…)

…あれ、幸運期の話はどこへいったw 
とりあえず、健康で長生きしたいものです。健康じゃないと、生きてても辛いもんなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 占星学
ジャンル : 学問・文化・芸術

今夏の観劇予定とt火星さん。

先日ホロスコープを鑑定して頂いた際に、初夏から秋口にかけて、アートや音楽など芸術性のあるものに触れると良い、というアドバイスをいただいたのですが、自分のスケジュールを見てみたら、元々この時期に観劇の予定が多く入っていてちょっとびっくりしました。

・6月=キスマイコンサート、六月大歌舞伎、帝劇モーツァルト
・8月=宝塚雪組、荒木飛呂彦先生個展
・9月=エイトコンサート、KAT-TUNコンサート、劇団四季キャッツ、宝塚花組、秀山祭九月大歌舞伎

(ジャニーズのコンサートに芸術性?と突っ込まれがちですが、少なくとも照明や舞台装置、映像技術は世界のトップレベルだと思います)
モーツァルトは観ていそうで実は観ていなかった作品。キャッツも、おそらく20年以上ぶりです。
宝塚のチケットも近年入手が難しくなってしまったのですが、運良く雪組さんにも花組さんにもご縁をいただけました。
観劇の前には予習をしていくのが好きなのですが、ちょうどトランジットの火星が私の9室をウロウロする時期ということで、たくさんのものを吸収し、自己研鑽に努めたいなと思います。

でも…今は、とにかく毎日ワールドカップ!! 相変わらずフランス代表に燃え、ドイツ代表に萌えております。
ロシア開催なので、24時か27時スタートの試合が多く、だいたい4時半に起床して、深夜と朝方の試合をディレイで観戦している感じ。そのまま仕事に行くので、週末以外は観戦しながらお酒が飲めなくて残念ですw

ドイツの初戦は、「こうしたらドイツに勝てる」という戦術的にお手本のような、みごとなメキシコの試合運びでした。ポルトガル対スペインは早起きのし甲斐があった面白い一戦。
どのグループもまずは初戦を終え、2試合目に入ってきます。ますます楽しみです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カテゴリ
blog内記事ランキング
過去ログ +

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【9件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
検索フォーム