Tu Veux, Tu Veux Pas 『星籠の海』を読む

『星籠の海』を読む

おなじみ、島田荘司先生の御手洗潔シリーズです。
御手洗と石岡くんのコンビが解消されて以降の作品は全く読んでいなかったのですが、そういえば今年映画化された『星籠の海』はどういう話だったんだろう(映画はあまり評判になっていなかった気がしたけれど…)と、ふと思い立ち、情報収集。
すると時系列的に、
1993年8月 『ロシア幽霊軍艦事件』
1993年夏の終わり 『星籠の海』
1993年10月 『最後の一球』
1994年1月 御手洗、ヘルシンキへ(ストックホルム大学教授就任)
御手洗が石岡くんの元を離れる少し前の事件であることがわかり、俄然興味が湧いてさっそく読んでみました。

章ごとに登場人物が変わり、一見独立した別々のストーリーが展開しているように見せかけて、それぞれのエピソードが他章とリンクし、一つの事件を多角的に追いながら謎が解き明かされていく、というのは今までの作品にもあったことですが、今作はそれがだいぶ分かりやすくなっていたというか…かなり早い段階から犯人が絞りこまれていたり(しかも今までにない類の大物)、素人の私にも簡単に解き明かせるような謎だったりと、推理ものとしてはだいぶ手応えのない作品になっていたように思いました。しばらく御手洗シリーズから遠ざかっていたせいなのかな…以前はもっとこう、トリックや事件の背景が非常に込み入っていたり、御手洗の天才的なひらめきに「おお!」と声を上げて驚嘆することも多かったのに、今回はほとんどそれがなくて…。
もちろん御手洗シリーズは短編の軽妙な感じも大好きなのですが、厚みのある上下巻=複雑なトリック✕難解な謎解きという期待感があまりにも強いせいか、今作は読了の手応えが無く、全体的に色々な意味でライトになっていたように思います。
『星籠』の正体もかなりイージーで、うんそうだよね、というかそれしかないよねという感じでしたし、冒頭に登場した田丸千早のエピソード(呪いはどこへ…?)も尻切れトンボだし、少年とその病原と思しき施設のくだりもストーリーに必要だったのかなという疑問が残りました。

とはいえ、久々に御手洗&石岡コンビのやり取りが読めて楽しかったのは事実。ドラマや映画から入ったライトなファン層には勧めやすい作品であるのかな、と感じました。


星籠の海 上巻



星籠の海 上巻


シリーズ最新作『屋上の道化たち』は、御手洗と石岡が馬車道に住んでいた頃のストーリーで、大掛かりな謎を解き明かすストーリーだそうなので、こちらも早く読みたいです!


屋上の道化たち


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blog内記事ランキング