Tu Veux, Tu Veux Pas 『ユーリ!!! on ICE』6話感想

『ユーリ!!! on ICE』6話感想

『ユーリ!!! on ICE』ももう6話ですって…これ、アニメ終わったら生きていけるのかな…
ということで、6話の感想をまとめました。腐れ切っておりますので、ご注意ください。




IMG_9151.png
北京へと旅立つヴィクトルと勇利くんを見送る、お留守番マッカチン。びよーんとお口の周りの肉を伸ばされながら、寂しそうに「きゅーん」と啼いているのが可愛いです。が! おまんじゅう、つまみ食いするんだねw おっきいワンちゃんだとテーブルに楽々届いてしまうから(しかも勇利くんのおうちは和室で、ローテーブル) mgmgして怒られたりするのかな~可愛い!

「エコノミーは久々だよ」というヴィクトル。「よくこんな狭いシートで眠れるね」っていう言い方がね、ほんとに心の底から素直に、悪気もなく言ってる感じで、諏訪部さんさすがーってなる。
ヴィクトルはやはり、ロシアのliving legendですから、スポンサーもたくさんついているだろうし、いつもビジネスクラスなのね。

IMG_9163.png
そして当然のように、勇利くんに凭れかかって寝ていますzzz

ところで素朴な疑問。勇利くんの所属は「アイスキャッスルはせつ」になっていましたが(中四国九州大会の得点表参照) 移動の飛行機とかホテルって、どうしているんだろう? 特別強化選手だから、日本スケート連盟から費用は出ているんだろうけど、手配自体は個人なのかな? 
「マッカチンがいないと眠れないよ~」(嘘)とかヴィクトルに駄々こねられて、一緒に寝ることを共用される勇利くん、居たりしませんかね?

IMG_9164.png
そしてここで、グランプリシリーズ第1戦、第2戦の試合結果が。ユリオは第2戦・カナダ大会に出場し、2位とのこと。赤を基調にしたFSの衣装と、ハーフアップ(しかも三つ編み)にした髪型が気になります。
(細かいことを言えば、あちらの世界の選手の方々は、この時点でユリオのプログラムを知っていることになる、のですよね? 自分が出場していない大会の映像も、見るよね?)

公式練習後、上海蟹と酔蝦(酔っぱらい海老)、火鍋を食べながら、「вкусно!」とご機嫌のヴィクトル。(なにげにこのアニメ、毎回変わるアイキャッチの絵といい、飯テロ度が高い…カツ丼はもちろんのこと、今回も火鍋食べたーい!ってなってます。その前にまた、ロシア料理食べに行くけど♡)
テーブルの上に置かれたお酒は「白酒」(パイチュウ)かな?(アルコール度30~60度。いずれにせよ強い)
ここでピチットくんや、前コーチのチャオチャオ(このあだ名可愛い)と再会するわけですが、4人になった時、勇利くんがちゃんとヴィクトルの隣に席移動してるの、いいね!(そのせいで、後ほど悲劇が…w)

IMG_9166.png
ごきげんなヴィクトルはすっかり酔っ払って、上半身ハダカになるのはもちろん、ズボンと、パンツまで投げ捨てる始末…!

Cw2TROYVEAAaEx3.jpg
ヴィクトルの下着(グァンホンくんの頭に…w)は黒ビキニ、と…φ(..)メモメモ
このレオ×グァンホンカップリング、好きです。可愛い!

ina_9150.jpg
ピチットくんがインスタにupしたこの画像、あちらの世界の腐女子たちもさぞや大騒ぎだったろうよ…こちらの世界の腐女子も大騒ぎですよ…予告の時は上半身ハダカかと思ったけど、これって、もしかして、オールヌードで勇利くんに抱きついてる可能性もあるわけよね…ひぃ!!
ヴィクトルはロシア人ということもあって、お酒はやはり強いのだろうと思いますが、彼は酔っ払っても全て覚えてるタイプと見た。だって、勇利くんを抱きしめている顔が…目が、確実にシラフ…マジすぎる。いや、むしろ他のライバルを牽制しているように見える! とにかく、ピチットくんGJGJ!!

いよいよ試合当日会場入りする選手たち。そんな中、ロシアのモブ女子選手が「ヴィクトル、本気でコーチやってんの?」「早く別れなよー」と言っているのが聞こえますが、ヴィクトルは薄っすら笑みを浮かべているだけで何も発言せず。表情が長い前髪に隠れているけど、絶対目は笑ってない。怖い。

勇利くんを狙う第4の男・クリストフ登場! 演技の時に自分のお尻を撫でる仕草といい、彼は絶対にゲイだ。(断定) それにしても、「ご主人様の躾が行き届いてる」には、朝からカフェオレ吹きそうになりましたよ…GJ、クリスGJよ…。
ジャコメッティっていう苗字からするとイタリア系なのかな?

選手たちの曲も振付も全て書き下ろしというのが本当に贅沢だなあと思いながら(ありがとう、エイベ!) いよいよ勇利くんの出番。こうやって、他の選手の演技がプレッシャーになったり、逆に発奮剤になったりするのだなあ…一概に、自分の出番の前は見ないようにしよう、とは言えないわけですね。

クリスからも言われていましたが、今現在、世界の恋人であるヴィクトル・ニキフォロフを独占状態にある勇利くん。それならばいっそ嫌われても良い、できるものなら奪ってみろ、と言わんばかりの精神状態。
今回は演技前に送り出す時、ハグしないのかなーと思っていたら、ハグよりもある意味エロく、勇利くんのお手手を愛撫するかのように揉み揉み…

IMG_9171.jpg
そしてまさかの、勇利くんからのおでこごちん!キター!

IMG_9172.jpg
「ひゃー!」っとなったのも束の間、冒頭の舌ぺろに死ぬかと…
何なんだもう、ユーリ・カツキ! ヴィクトルも言ってたけど、どこにスイッチがあるのか!?
(このスイッチはやっぱり、嫉妬とか独占欲とかなのかしら・・・)

IMG_9157.png
そしてヴィクトルも思わず「Perfect!」と声を上げた、冒頭のステップシークエンス。もうここには、中四国九州大会で観客の盛り上がりを気にするユーリ・カツキは居ません。

「僕じゃなきゃヴィクトルは満足できない」
「ヴィクトルの愛を知っているのは、世界中で僕しかいない」


ほんと、しにました…勇利くんは「街一番の美女」として色男(ヴィクトル)を誘惑するわけだけど、演技中の心理描写シーン、今まではずっと美女になりきった上での一人称が「わたし」だったのに、今回は勇利くん本人の「僕」になってる~~~!!!
ヴィクトルを満足させるまで、ナニをなさったんですか!
ヴィクトルの愛ってナンデスカ!
ヴィクトルに何を教わったんデスカ!
(そこで思い出す、『ご主人様の躾』発言…夜もきっと、そんな躾が…ブフォッ)
っていうかもう絶対、勇利くんヴィクトルに抱かれてる。(7519216目くらいの確信)

IMG_9158.png
勇利くんの演技には、ヴィクトルも思わず天を仰いでガッツポーズ!

IMG_9156.png
演技後、たくさんのプレゼントが投げ込まれていますが、ヴィっちゃんはもちろん、よく見ると寿司やらブロッコリーやらがw

IMG_9152.png
そんな勇利くんを見つめるのは、ロシアのユーリこと、ユリオくん。
飲んでいた紙パックのジュースの、ストローが外れたことにも気づかず、勇利くんの演技に釘付けに。
勇利くんが、今まで3割しか成功しなかった4Sを跳べた時、それを教えてあげたユリオも、ちょっとは思うところあったのかな。いや、ユリオのことだから「それくらい跳べて当然だ、子豚(ふん!)」って思ってるかな。どっちにせよカワイイ? あと、何かと構ってくるミラのこと、「うるせーババア」とか言いながら、ちゃんと会話に入ってきてるのカワイイ。

IMG_9155.png
演技が終わった後、ちょっと膨れっ面して拗ねてる顔も可愛いったらね

IMG_9148.jpg

IMG_9147.jpg

そして、とっても楽しみにしていたキスクラ。想像していたより密着度が低かったですが(いろんな二次創作の見すぎですw)手を振ったり、ハートマーク作る27才可愛すぎですありがとうございます。

IMG_9159.png
完璧な演技を見せた勇利くんは、100点超え! やはり後半に持ってきたジャンプ(3A、4S、4T-3T)全て成功し、なおかつPCS(プログラムコンポーネンツ。(1)スケーティング技術(2)技と技のつなぎ(3)演技力(4)振付(5)音楽解釈の5つの要素から成っています)が、50点満点中48点という高得点なのが効いています。メガネが無いのでプロトコルの詳細があまりよく見えないのか、前かがみでモニタを見つめる勇利くんに、「あんなの見せられたら、気持ちよくならないわけないじゃないか」と囁くヴィクトル、エロい…抱いてる。絶対に勇利くんのこと抱いてる。(真顔) だってあれ、後背位で勇利くんのこと攻めてる時の顔のポジションと同じだ。

IMG_9161.png
IMG_9160.png

しかし、あんなエロい演技をしながら「皆が気持ちよくなってくれればいい」って…勇利くん…南くんやクリスの言っていた「清潔な色気」って言葉、ズーンとくる…。わかりやすいエロスより、むしろそっちのほうが、何というか萌えますね…。

IMG_9170.jpg

クリスの演技を見守る2人…っていうかずっと言おうと思ってたけど、何かにつけて密着度高すぎない!?
なぜ、後ろから抱きしめる必要が?!

IMG_9168.png
そして、自分よりもエロス極めてるクリスの演技にしょぼんとする勇利くんを、ぽんぽんと慰めてるヴィクトル、お優しい。

そして全ての演技が終わり、SPではPerfectな演技を見せた勇利くんが1位に!
IMG_9169.png

しかしお母さんやチャオチャオも言っていたけど、勇利くんは『追われる立場に慣れていない』とのこと。あまりにもSPが完璧すぎたので、FSへのプレッシャーが逆に半端ない気がします。
もしFSで失敗してしまった場合、ヴィクトルは自分自身が天才がゆえに、できない人の気持ちが理解できないと思うから(この辺、ユーリ!!! On Radioでも諏訪部さんが仰っていたこととカブるけど)、そうなった時の勇利くんの気持ち、モチベーションやメンタル面をどうフォローしていくか、が気になります。
ヤコフには「三流コーチ」って言われていたけど、勇利くんのコーチをすることによって、ヴィクトル自身もどう成長するか、それが楽しみなのです。

次回はFS! プレッシャーに押しつぶされるのか、それとも…というところですが、もう7話なんですね。え、もう半分折り返してしまったのか…つらい;;;; このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ユーリ!!! on ICE
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blog内記事ランキング