Tu Veux, Tu Veux Pas 『ユーリ!!! on ICE』 第8話感想

『ユーリ!!! on ICE』 第8話感想

『ユーリ!!! on ICE』も第8滑走(8話)になってしまいました…。ヴィクトルとユーリの地元・ロシアで開催されるグランプリシリーズ最終戦です。
今回はもう、JJミヤノに全て持っていかれた感もありますがw 例によって、ヴィク勇・ユリ勇方面に向かって盛大に腐った感想となっておりますので、ご注意ください。



モスクワ・シェレメーチエヴォ空港(ロシア語で書くと:Международный аэропорт Шереметьево)に到着した、チーム・ヤコフ御一行。同じロシアとは言っても、普段彼らが練習拠点を置くのは、国内でも最もヨーロッパに近い(フィンランドの首都・ヘルシンキには特急で3時間半)サンクトペテルブルクですから、モスクワへの移動も飛行機、というわけで。

IMG_9518.jpg
ユーリのファンが出迎えてます。猫耳~!

「家族が迎えに来ているから」という言葉に、ユーリのご両親登場かなと思ったら、やはりじいちゃんだけでした。ご両親はやはり亡くなられたのか、それとも二人共出稼ぎでモスクワに居ないのか…

CyBlSr0VIAApX0o.jpg

ユーリのじいちゃんが乗ってる車、ソ連製のザポロージェツかな。正面とボンネットがほぼ同じ。今でもソ連時代の車に乗っていたり、ご両親が登場しないあたり、ユーリの家庭環境のことを考えると切なくなります。なにぶん、ソ連時代を知っているので、貧困層の事とか考え始めると辛い;; 
YOIを一緒に観ているパートナーが、「(ユーリが勇利くんにつっかかるのは) どこかで『恵まれてるくせに』みたいな気持ちもあったと思う。だからユーリは前年のグランプリファイナルで負けて、トイレで泣いてた勇利くんを怒ったんだと思うんだよね」と言っていて、ほんとそれな、と思いました。「恵まれた練習・生活環境にいるくせに、応援してくれる家族も揃っているのに、グダグダ泣いてんじゃねーよ」という怒り。
何というか、やっぱりあの国の選手は背負ってるものの大きさとか、覚悟のほどが違う気がします。幼い頃から国立の養成機関に入れられ、徹底したスポーツエリートコースを歩む。社会主義体制が崩壊したとはいえ、スポーツにおいて、あの国の代表選手が背負う重責や義務、成功者に与えられる富と栄誉に対する期待などは、こちらの想像を絶するほどシリアスなものだと思うですよ…。(スケート選手も、昔は成功したらすぐにプロになって渡米していたし) だからこそ、そんな生半可な気持ちでやってるくらいなら辞めちまえ!って思ったのかな。(もちろん、勇利くんには勇利くんなりの事情等もありますが)
そういうすごいマイナスなところから始まったユリ勇の関係が、互いを知り、互いの演技に惹かれ、プラスに転じていくのとか、すごく、好きです…。

IMG_9521.jpg
先行カットで、この頬を染めたユーリが出た時、原因はなんだろうと思っていたら、ユーリにとってのアガペー…じいちゃんとの再会でした。
IMG_9522.jpg
飛びついて嬉しさを表現するあたり、やっぱり可愛いです。
車内で、じいちゃんに日本のカツ丼について話すユーリ。よっぽど美味しかったのだな~。じいちゃんお手製のピロシキも美味しそうです。(やはり、ママはもう居ないのかな…)

IMG_9523.jpg
「国の英雄」ヴィクトルが、復帰についてマスコミに囲まれているシーン。
「そこまで魅力的な勇利選手なら、自分も選手として、戦ってみたいと思いませんか」
私も、まさにこの質問をヴィクトルにぶつけてみたかった。もちろんヴィク勇大好きですし、2人の師弟関係が終わってしまうのはものすごく辛いけど、その前にヴィクトル・ニキフォロフというスケーターが好きだから、やっぱりヴィクトルに現役復帰して欲しい。そして勇利くんも言っていたように、「同じ舞台」で戦って欲しい。

IMG_9524.jpg
しかしこの問いは、「あ、ユリオだ」という言葉ではぐらかされてしまいます…。

IMG_9525.jpg
試合前のホテルは全選手共通なご様子。エレベーターの中での、ユリ勇シーン嬉しい! 悪態つきながら同じエレベーターに乗るユーリ可愛いなあもう。そのイライラもモヤモヤも恋だってば! 気づけ!
「ロシア大会は仲いい選手出てないんだよな」なんて勇利くんに思われていたら、そりゃ拗ねるというものです。

IMG_9526.jpg
グランプリシリーズも最終戦ということで、各大会で選手が獲得したポイントが紹介されていますが、勇利くんもユーリも、4位以内ならファイナル確定っぽい? 要は表彰台を目指して頑張れというところでしょうか。

IMG_9527.jpg
エキシビションで4回転ループを決めたことがあるらしいヴィクトル。試合前に集中しなければならない時に、イヤフォンを外させてまで勇利くんに話掛けるJJにご立腹なのか、目を合わせて会話しようとしません。
ということは、ヴィクトルはアクセル以外の5種類の4回転(トウループ、サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ)を跳べることになるのですか…さすがリヴィング・レジェンド…。

IMG_9528.jpg
IMG_9529.jpg
IMG_9531.jpg
IMG_9532.jpg
IMG_9533.jpg
今回の試合前のヴィク勇的儀式は、ネクタイ掴みからの、「ロシア中に僕の愛を見せつけるから」
ですと!! 勇利くんも言うようになったね~。(その後「恥ずかしか」って方言で照れてるの、可愛い)
しかもオープニング、リップ音かましたよこの子…! ジャンプも全て跳んで、パーソナルベストも更新。
愛を知って、この曲は完全に仕上がっている感じです。
それにしても、「アウェーで燃えるタイプ」って、なんかヴィクトルが言うとえろい。

IMG_9535.jpg
IMG_9536.jpg
そしていよいよユーリの出番。ジャージを脱いでリンクに出ていこうとする姿に、「ユリオのマジアガペー!」と顔を見合わせて「ぱああっ」となっている師弟可愛すぎですか! ライバル視しているんじゃなくて、認めて、褒めているのすき! そして、ヴィクトルに言われたとおり、相手のモチベーションを上げるために「ユリオ、ダバーイ!(ロシア語で、頑張れとか、行け!という意味)」って言ってあげる勇利くん尊い;;

IMG_9548.jpg

IMG_9551.jpg

IMG_9547 (1)

紐結びプレイとか、キスクラでのスケート靴へのキスくらいじゃ、最近驚かなくなってきた自分が怖いw

IMG_9537.jpg
それにしても、試合前に緊張してヤコフやリリアの声が聞こえなくなるとか、ここらへん15歳らしくて、すごくリアルだなと思います。どんなに天才でも、今年はシニアデビューの年。地元での大きい大会で緊張するのは当たり前のこと。
じいちゃんも観に来ておらず、キスクラでイチャつくヴィク勇みて、アガペーどころではなくなってしまったユーリ。「俺に足りないのは経験だけ」という発言からは、温泉on Ice前ヴィクトルに注意を受けた部分が、あまり進歩していないようにも感じます。(変な意味ではなく、ヴィクトルと勇利くんの関係性を見て、やっぱり動揺したのかな) ユーリの「愛」が完成するのは、やはりグランプリファイナルの場なのでしょうか…完成されたアガペー、すごく見たいですし、ユーリのFSも楽しみでなりません。

IMG_9538.jpg
IMG_9539.jpg
猫耳カチューシャ可愛いし、キスクラの態度の悪さ最高w

そしてミヤノ!!! on Iceと言われていますがw JJの出番。やばい、楽しいw マモちゃん最高w ただのマモちゃんでしかないw 4回転ルッツを後半に持ってくるあたり、人気も実力も兼ね備えた派手な自信家というところでしょうか。(ヴィクトルはこういうタイプ苦手っぽいな~)

そして、まさか、まさかの展開…
マッカチーン!!!!!!
おまんじゅう盗み食いしちゃ、だめでしょ!!!( ;∀;)

勇利くんにとって大事な時だということはわかっているからこそ、言葉を選んで、病状を伝えようとしている真利姉ちゃんの優しさが心に沁みます。

IMG_9540.jpg
ヴィっちゃんの最期、一緒に過ごせなかったことを思い出した勇利くん、「すぐ日本に帰って」とヴィクトルに告げます。中国大会の時は泣きながら「僕が勝つって、僕よりも信じてて! 離れずにそばにいてよ!」と叫んでいたのに。そこからロシア大会までの間にも、勇利くんはどんどん強くなっていくんだなあ。ヴィクトルがそう信じていることを、きっと十分すぎるほど感じているからこそ、1人でも戦えるって思ったのかな。
1話で「僕は1人で滑っていく」と言っていたけど、その時の1人と、今の1人は全く違う。離れていても1人で滑っているんじゃないということ=愛を知った勇利くんの成長と強さが、今は頼もしく感じます。

次回はいよいよロシア大会、そしてグランプリファイナル出場選手が決まります。ユーリのFSはどんな作品なのか、おそらく1人で戦うことになる勇利くんはどうするのか(待って、ヤコフにコーチ頼んだってことは、一戦だけの間でもユーリと勇利くんが同門ってことか!)、JJミヤノの活躍w、そして何よりマッカチンの病状(;_;) 気になります。第9話は、もう12月なんですね…。あと4回しか無いよ~(;_;) 二期フォロフの発表、はよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ユーリ!!! on ICE
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blog内記事ランキング