Tu Veux, Tu Veux Pas 『ベルセルク 黄金時代篇』劇場版三部作を観る

『ベルセルク 黄金時代篇』劇場版三部作を観る

大好きな櫻井孝宏様がご出演されるということで、アニメ2期より『ベルセルク』を観ているのですが、複数の詳しい友人たちに「グリフィスが好きなら、まずは劇場版・黄金時代篇から観たほうが良い」との薦めを受け、鑑賞してみました。その感想など。

やはりお薦めいただいたとおり、黄金時代篇の概要を掴むにはとても有意義な三部作でした。総集編ということで、当然ながらだいぶ端折られた箇所があるようで、自分的に疑問に思った項目をまとめてみました。

1:グリフィスは『生贄』にするほど、鷹の団に対して愛情を持っていたのか
2:鷹の団に入る前のガッツの過去
3:ゲノンとグリフィスの関係
4:ミッドランド帝国とチューダー帝国の関係性
5:グリフィスはどうやって覇王の卵を手に入れたのか

いくつかの疑問に関しては黄金時代篇以外の話ということで、これは原作を読んで補完するしかないのですが、3に関しては、キャスカの回想(軍資金を得る為に、ゲノンに抱かれた後のグリフィスが、水浴びをしながら自らの肩を搔きむしる)シーンが省かれていたと知って、大変残念に思いました。
グリフィスがシャルロットと密通した後、自分の肩から背中に付いた傷に触れながら涙するシーンがありますが、それも回想シーンに繋がっているように思えます。ゲノンにせよシャルロットにせよ、自らの意思に反した身体の交わりである、というメタファーなのかな、と。

また、その回想シーンを入れることで、プライドの塊であるグリフィスが、下卑た男に自らの身体を与えてまで自分の夢のために軍備を増強し、ひいては自分の夢に付いてきた鷹の団のメンバーを護ったという事にも繋がるので、1の疑問も解消されるんだけどな。「「大きなものを手にしようとする者は、それだけ人より多く何かに堪えているのだと思う」.というキャスカの台詞も、彼が自分の夢、そして鷹の団のことをどれだけ大切に思っているかということを知る上での大事なピースだったのに…。
(正直、シャルロットとの濡れ場に時間割くくらいなら、その回想シーン入れて欲しかった…ガッツに棄てられて自暴自棄になって、ガッツの事を想いながら姫を抱くっていうのはガツグリ的に最高に萌えるんだけど、あそこまで時間割く必要ある? 姫の喘ぎ声よりグリフィスのあe(強制終了))
それに、グリフィスの全裸の水浴びシーンを見て、ガッツが赤面するシーンも省かれていたそうですね…。拷問から救い出した後に「お前の裸なんか何度も見てる」(見飽きた、かな?)って言うガッツの台詞と繋がらないじゃないか…(静かな怒り)

あとはやはり、女性キャラに全く魅力を感じられないのが、見ていてキツかったです。シャルロットやファルネーゼはもちろんのこと、特にキャスカ。いくらグリフィスのことを諦めて、ガッツの事を愛し始めたからといって、グリフィスの事知ったような顔して、彼に聞こえる可能性がある距離で、彼の矜持を著しく傷つけるようなことをよくも言えるなと、烈しい憤りを感じました。幼児退行も精神崩壊も、正直言って胸がすく思いです。

と、数々の不満を挙げつつも、グリフィス自身にはとても魅了されました。姿形の美しさは言わずもがな、誇り高く、強く、聡明で、皆から慕われ、知略に長けた一団の長。その一方で感じる、彼の弱さと脆さ。ガッツを失っただけで、ああも愚かしくなるものなのか…。グリフィスにとってどれほどガッツが大きな、何物にも代えがたい存在だったのかということを思い知らされます。
ガッツ&グリフィス2人のシーンでは、秋の王宮でのやり取りが特に大好きです。これ以上ないほど無邪気な笑顔を浮かべるグリフィスと、朴訥なガッツとの会話が微笑ましくて、可愛らしくて、まさに「黄金時代」だったなあと(;_;)
精神的にはグリガツというか、グリ→ガツなのですが、身体面ではやはりガツグリがいいな。ガチムチ受が苦手なのと、精神的に脆い方が受、という図式が好きなんじゃよ…それにcv櫻井孝宏だからさ…。

cvといえば、グリフィスは櫻井孝宏様のゾーンの中でもかなり高い声だったので驚きました。傭兵団の団長だし、もう少しマクギリス的な、低くて艶のある感じかと思っていたので。でもすごく好き。どこか超然とした雰囲気と、「純白」というイメージカラーにふさわしい透明感(ご本人も演じるにあたり、純白をイメージされたそう)、そこに付きまとう陰、そして何より私にとって、櫻井孝宏様の声はそのキャラを美形だと思わせる特別な説得力があるのです。

現在はアニメ2期を観ておりますが、この黄金時代篇をもっとよく知るためにも、やはり原作を読まないとな、と考えている次第。時間ができたら漫画喫茶にでも行ってみることにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ベルセルク
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【4件】
2016年 01月 【8件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【7件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【10件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【27件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【20件】
2009年 07月 【19件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【23件】
2008年 11月 【34件】
2008年 10月 【21件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【21件】
2008年 06月 【27件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【32件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【25件】
2007年 04月 【23件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【29件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【23件】
2006年 11月 【19件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【28件】
2006年 07月 【34件】
2006年 06月 【36件】
2006年 05月 【32件】
2006年 04月 【31件】
2006年 03月 【34件】
2006年 02月 【33件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【27件】
2005年 11月 【26件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【28件】
2005年 08月 【29件】
2005年 07月 【28件】
2005年 06月 【18件】
2005年 05月 【11件】
2005年 04月 【24件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【5件】
2005年 01月 【5件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【3件】
2004年 09月 【3件】
2004年 08月 【5件】
2004年 07月 【6件】
2004年 06月 【12件】
2004年 05月 【10件】
2004年 04月 【5件】
2004年 03月 【4件】
2004年 02月 【12件】
2004年 01月 【10件】
2003年 12月 【7件】
2003年 08月 【1件】
2003年 04月 【1件】
2002年 10月 【9件】
2002年 09月 【10件】
2002年 08月 【14件】
2002年 07月 【11件】
2001年 12月 【2件】
2001年 10月 【1件】

*応援中*
お友達Blog
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blog内記事ランキング